トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 15日

ヒタキ二種

冬になると、平野部に二種のヒタキがやってくる。

a0126535_00373136.jpg

ルリビタキ雌(もしくは若い雄)

a0126535_00105162.jpg

ジョウビタキ雌

ルリビタキは漂鳥で夏は亜高山の森で繁殖、ジョウビタキは冬鳥でロシアなどで繁殖。高温期は別々の
道を歩む二種だが、冬にはどちらも温暖な低標高地で越冬する。
鳥見をしていると、ジョウビタキはあちこちで見かけるのだが、ルリビタキはあまり見かけない。観察
していると、数の多少というより、好む環境の相違なのではないか、と思えてくる。
ジョウビタキは比較的明るい環境を好み、ちょっとした薮があれば、河川敷や疎林のある公園の広場な
どでも良く見かける。いっぽうのルリビタキはどちらかというと薄暗い環境を好むらしく、規模の大き
な森林を有する公園や、背後に山塊を控えた谷津に出現する。都心部でも森が深い新宿御苑や明治神宮
では見られるが、逆に校外でも小規模な公園には見られない。

ルリビタキの成鳥雄を見たくて、最近は多摩のあちこちを巡っているのだが、出会うのはジョウビタキ
ばかり。環境の他に、何か他にルリビタキが出現する要因があるのだろうか。

なかなか思うような出会いはない鳥見だが、鳥との間合いを計る緊張感はトンボ採りにも似て、一度憶
えると病み付きになる。トンボ採りとの違いは、カメラ一台で身軽に動けること。

もうしばらくはルリビタキを求めてフィールドに通う日々が続きそうだ。




.








[PR]

# by brunneus | 2018-02-15 00:33 | つぶやき | Comments(0)
2018年 02月 08日

八王子の磯

ある日のこと。
仕事の移動時間に八王子の小さな川沿いをカメラを手に歩いていると、気になる鳥が視界に入った。

a0126535_00593345.jpg


ツグミ亜科の一種だとは思うが、確信が持てないまま接近。あの鳥だろうか、、

a0126535_01020480.jpg


確定。イソヒヨドリ雌。
自分にとってイソヒヨドリは、初夏の沖縄遠征初日、那覇空港のターミナルを出て、まず最初に耳にす
る声。それがこの鳥だ。
やんばるの海岸沿いには沢山いて、早朝は、民宿の部屋の中に聴こえてくるシロガシラと、イソヒヨド
リの艶やかな声で目が覚める。

そんな別世界に棲む鳥に、真冬の八王子の川で出会えるとは思ってもみなかった。しかし記憶を辿ると、
ずいぶん前にJR八王子駅前で声を聴いて驚いたことを思い出した。調べてみると、この界隈で繁殖する
個体もいるらしい。また、冬は奥多摩湖などにも出没するとのことなので、行動範囲は相当広いようだ。

トンボと同じく、鳥も追いかけてみると、毎回一度はどきりとする瞬間に出会う。そしてそのどきどき
を味わいたくて、再びフィールドに足が向く。これが中毒の始まりなのだろう。






[PR]

# by brunneus | 2018-02-08 01:18 | つぶやき | Comments(0)
2018年 01月 29日

鳥見

相変わらず越冬する虫を探しているのだが、いつもすぐに飽きてしまうので、自然と視線は鳥へ向かう。

a0126535_00132165.jpg

a0126535_00192326.jpg

a0126535_00212194.jpg

a0126535_00253497.jpg


トンボ始める前は、実は鳥一筋だった。
新宿の貧相な自然環境で生まれ育ったわけだが、少し規模が大きな公園に冬に行くと、そこそこ鳥見が
楽しめた。
常連はウグイス、シロハラ、ツグミ、コゲラ、メジロ、シメ、アオジなどで、運が良いとジョウビタキ
も見られた。
最近虫探しで訪れている公園では、馴染みの鳥たちが現れるのだが、シメだけには出会えていない。昔
はどこにでもいる鳥、という認識だったが、好みの環境があるのか、地域によって出現に差があるのか。
逆に、当時はジョウビタキは滅多なことではお目にかかれなかったが、近年は探さなくともあちこちで
目にし、縄張り宣言の声も聴かれる。

当時はただ目の前に現れる鳥を見て満足していたのだが、よく観察するうちに、公園という環境の中で
彼等がどうやって時間、空間を使い分けているのか、という所に興味が湧いてきた。

トンボシーズンまでの間に、どこまで彼等に近付けるだろうか。





.




[PR]

# by brunneus | 2018-01-29 00:35 | つぶやき | Comments(0)
2018年 01月 12日

禁断

ここ最近は、新しく導入したカメラのテストも兼ね、ある虫を求めて近所の森を徘徊している。
センスと根気が無いので目的の虫にはなかなか出会えないが、足元にはらはらと舞い降りた気配にレン
ズを向けると、冬の日差しに眩しく輝くものが。

a0126535_23582842.jpg


ムラサキシジミ。
正月、神社に初詣に行くと、日だまりに並んだ参拝客の頭の上に止まっていたりする。ちらちらと姿は
見かけるが、まともに写せたのがこれが初めて。

画像を切り出してみる。

a0126535_00010715.jpg


コンデジのぼやけた画像に見慣れた目には、この描写は新鮮。

静かに雑木林を歩いていると、目の前からシロハラが飛び出したり、広場の杭にジョウビタキが佇んでい
たり、その向こうにはモズが、、とあちこち目移りしてしまう。

こうなると鳥もカバーできるレンズも欲しい、、、と新たな欲求がふつふつと沸き上がる。
禁断の世界に、足を踏み入れてしまったようだ。




.
[PR]

# by brunneus | 2018-01-12 00:11 | つぶやき | Comments(0)
2018年 01月 08日

宇宙

数日前。
溜まりに溜まった標本を整理していると、箱の片隅に小さな糸屑のようなものが張り付いているのが目
に入った。剥がして摘んでみると、どうやら虫のようだ。なんとかそれらしい形に整形して、出来上が
ったのがこれ。

a0126535_20435906.jpg

a0126535_20442121.jpg


素晴らしい造形美。
直感的にはヒメバチかアメバチの仲間だと思ったのだが、調べても該当する種に当たらない。捜索範囲
を広げてみると、「ツノヤセバチ」というグループが一番近いようだ。
この仲間は本土に「ニッポンツノヤセバチ」一種、その他の地域に数種知られているようだが、調べて
もあまり情報が出てこない。画像の個体はもはやどこで紛れ込んだのか分からないが、本州であること
は確実なので、「ニッポンツノ」で間違いないと思う。
長い産卵鞘から、恐らく朽ち木に潜む昆虫に外部寄生するものと思われるが、詳しいことは分からない。

ハチという昆虫は、そのバリエーションの豊かさが魅力的だ。
「ハチ目」と定義されているグループをざっと見渡してみると、その殆どが1㎝以下の小型種で、ミツ
バチやスズメバチなどの大型種はそれほど多くないことが分かる。小型種の中には体長0.1㎜程の極小
種もいて、ここまでくると、空中のプランクトンと呼びたくなる。

面白いのは、このような小型種の大部分が寄生性であるという点。種類数で言えば圧倒的に小型グルー
プが多いので、(例えばヒメバチ上科だけで国内に2000種と言われている)ハチという昆虫を説明
するとき、「ハチは寄生性の昆虫である。が、一部に例外も存在する」と言えるかもしれない。

寄生種は各種昆虫の卵を喰う極小グループが有名だが、材木に菌を媒介するもの、さらにその菌を利用
するもの、植物に寄生するハチに寄生するもの、寄生ハエに高次寄生、さらにはハンミョウの幼虫専門
に寄生するものまで、知れば知るほどその多様性に目眩がしてくる。

自然現象の法則のひとつにフラクタルというものがあるが、その小さな先端に「ハチ」というグループ
の世界があるとして、根元を辿っていくにつれ「昆虫」という枝葉の数は膨大になる。
それはまさに宇宙だ。
小さなハチたちのことを知ると、その深遠な宇宙の一端を覗いた気がして、意識が拡張されていくのを
実感する。

自然を理解するということは、その小さくも深遠な宇宙を果てしなく旅する、ということなのかもしれ
ない。






.


[PR]

# by brunneus | 2018-01-08 20:48 | つぶやき | Comments(0)