トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 09日

マダラヤンマ考

マダラヤンマは、一般的には海岸近くの抽水植物が繁茂した開放的な池沼に棲息する、とされている。
言わば「低地のヤンマ」で、北関東以北の産地は概ねこの条件に合致すると思う。震災で被災した東北
の太平洋岸地域に雨水が溜まり、そこへガマなどの抽水植物が侵入、数年でマダラヤンマ天国が出現し
た事実は有名だ。

そこでこのペア。

a0126535_20560433.jpg

恐らく、国内のマダラヤンマの産地で最も標高が高い地域で得た個体。
マダラヤンマは、不思議なことに中部地方では内陸部の山岳地域に分布している。中部地方に限って言
えば、「山地のヤンマ」ということになる。
この二面性がマダラヤンマを魅力的にしているのだが、なぜこのような分布上の矛盾が起きるのだろう
か。
ヒントになったのは、中部地方のいきつけの場所。上のペアを得た場所でもある。
このポイントは開放的な池が点在するオオルリボシヤンマが多い環境だ。しかし訪れるたびにマダラヤ
ンマが飛ぶのを見、一度だけだが雌の産卵も確認している。初めて見た時は、全くの想定外で何かの間
違いかとも思ったが、どうやらそうではないようだ。

ちなみに環境はこんな感じ。

a0126535_22074690.jpg

マダラヤンマは移動性が強い種なので、ふらっと本来の生息地ではない場所に現れることはあるが、気
になったのは雌の産卵。マダラヤンマの雌は、生きた植物には産卵せず、水面に浮いたり斜めに傾いた
枯死部分に産卵する。雌は、こうした充分に水に浸かって軟らかくなった枯死組織を好むのだろう。
もしかしたら軟らかい枯死植物があれば、「繁茂する抽水植物群落」は必要ないのではないか?

移動力が強いことと、軟らかい枯死組織を好むこと。そこで妄想してみる。

マダラヤンマは、かつて日本が寒冷だった頃、各地に広く分布していた。
持ち前の移動力を駆使し、低地から山地まで、我が世を謳歌していた時代があった。しかし温暖化が始
まり、ギンヤンマなど競合種が侵入して分布域が狭まったが、まだ戦前までは都内などにも生息地があ
った。その後、平地にある池や湿地が徹底的に潰され消滅。結果的に、未だ灌漑用に活かされている溜
め池が多く点在する中部地方の山岳地帯に生き残った、、。

思いつきをコラージュしただけだが、こんなふうに、ロマンのある戯れ言をこねくり回すのが好きだ。

そんなマダラヤンマのシーズンも、もうすぐ終わる。





.





[PR]

by brunneus | 2017-10-09 22:02 | つぶやき | Comments(0)


<< 秋色      主役 >>