2017年 04月 20日

2017開幕

都内では4月15日前後から、ようやくウェブ上でちらほらムカシトンボの羽化情報が見られ始めた。
すぐにでもフィールドに出かけたい衝動に駆られるが、活動する個体が増えるのを待つために数日我
慢。そして高温晴天の日、仕事前の数時間を使って、一年振りのポイントへと足を運んだ。

山はまだ浅い緑色にうっすらと染まり、所々にヤマザクラのピンク色が眩しい。道中の渓流沿いから
はミソサザイの張りのある元気な声。耳を澄ますと、その奥からヤブサメのか細くも脳天に突き刺さ
る声が響く。頭上からは、ヒガラ、キビタキの艶やかな囀。何もかもが、一年前と同じだ。

そしてポイント。空間を飛ぶ雑多な小虫を眺めていると、出し抜けに半透明の棒状物体が、翅をキラ
キラと輝かせながら視界を横切る。一年振りの再会。

a0126535_1214737.jpg


ムカシトンボ。
記録を読み返すと、今年は昨年よりも5日遅い採集ということになる。
狂気の季節の幕開けだ。






.
[PR]

by brunneus | 2017-04-20 01:24 | 東京 | Comments(0)


<< 雌モード      使者 >>