トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 30日

宮崎のオキナワキノボリトカゲ

たまたま新聞で見つけた記事。
「鹿児島県指宿市と、宮崎県日南市でオキナワキノボリトカゲが繁殖」

え?嘘でしょ?
奄美、沖縄諸島では絶滅危惧種だぞ。

、、、と思って調べたら、なんと宮崎では20年前から目撃されていて、規模は数万匹にのぼるという。
天敵のハブがいない新天地で増えてしまったのだろうか。
最近になってにわかに着目されているのは、小笠原におけるグリーンアノールの影響があるに違いない。

外見も、生態も似ているこの2つの「外来種」。
小笠原のグリーンアノールはうまくニッチに入り込み、餌である昆虫類を壊滅的な状況に追いやっている。
トンボも例外ではない。
このことが近年深刻化し、ついに行政が重い腰を上げ、多大な予算をかけグリーンアノール大捕獲作戦が実施されているのだ。
しかし、あの手この手を使っても、思うように成果が上がらないらしい。

九州のオキナワキノボリトカゲが、「第二のグリーンアノール」にならないように、ということなのだろう。

しかし、、、
不可解なのは、いくら天敵のハブがいなからといって、ここまで個体数が増えるものなのだろうか、ということ。沖縄のハブだって、キノボリトカゲの存続を脅かすほど、数は多くはないはずだ。
開発による森林の乾燥化、というようなことを原因とするなら、
宮崎のほうがずっと進んでいる。(と思われる)

そしてもう20年も前から見つかっているのなら、ちょっともう駆除するには手遅れな気もする。
トカゲの調査より、トカゲの餌となる昆虫類の調査をすべき段階にきているのではないだろうか。

知らない間にどこかで着々と進行する事実。ちょっと恐ろしくもある。
[PR]

by brunneus | 2009-11-30 21:11 | つぶやき | Comments(0)


<< preview2009/01      アトリエ展 >>