トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 31日

犬も喰わない話

ここの所、来シーズンに向けての作戦を少しずつ練る日々なのだが、
その過程で思ったこと。

-----------------------------------------------------------------------------

とある村。
長閑な農村地帯には、溜め池が点在している。
近年の後継者問題のせいか、周囲の田や畑には、放棄されたものも目立つ。
農業以外にこの村の産業は特になく、住民は静かで質素な生活を送っていた。

点在する溜め池も管理が不十分で、土砂が積もり水深は浅く、
アシ、マコモ、ガマなどの水生植物が旺盛に茂っている。

しかし、この溜め池群は、あるトンボの格好の棲み家となっていたのだ。
そのトンボは姿形が美しく、しかも既に大都市近郊では絶滅していて、
シーズンになると、情報を聞きつけた採集者が方々から集まってきていた。

溜め池が散在するおかげで、そのトンボの個体数は多く、
かつ安定して発生していた。
そして長竿を手に遠路遥々やってきた採集者たちは、
その成果に満足し、いつも笑顔で帰っていく。

はじめは異様な身なりをした採集者を地元の農家も怪訝そうな目で見ていたが、
採集者が採ったトンボを見せると、
「へえ、こんなトンボがいたんですねえ。知らなかった、、。」
と感心する。

そのトンボの出現期は短く、採集者は毎年、指折り数えながら
シーズンが来るのを楽しみにしていた。

そのころ、村役場の会議室ではある事案が議題に持ち上がっていた。

「どうやら、ウチの村には『珍しいトンボ』がいるらしいんですよ」
「それはどんなトンボですか?」
「さあ、、。でも、珍しい、というからには珍しいんでしょう」
「そうですね。じゃあ、それは保護しなければ」
「そのトンボを観光資源にできませんかねえ」
「それはいい考えです」
「じゃあ、『○○トンボの里』という名前で、
豊かな農村の暮らしを体験してもらう、というのはどうでしょうか」
「賛成!」
「『○○トンボまんじゅう』なんていうのもどうですかね」
「いいですねー。賛成です」
「PRに『○○トンボの歌』というのもつくりましょう。
地区の高校生に発表させましょう」
「ああ、そうしましょう!」
「それでは早速、地区の自治会長さんに連絡を取ってみましょう」

一年後、採集者が久々に池を訪れて、まず目に飛び込んできたのは、
「○○トンボ 採集禁止」という看板。看板には、そのトンボの写真の他に、
何故か、どう考えても普通種の写真も添えられている。
そして農家の目つきもがらりと変わった。
怪しい身なりのものを見ると、農作業の合間に遠くから双眼鏡で監視する。
それとなく近づいて、竿を出さないか見張る。

ぴりぴりと張りつめた空気にいたたまれなくなり
すごすごと採集者は引き返す。
そして路頭に迷う。どこに行けばあのトンボが採れるんだ!!

さらに一年後。
ふと気になり、採集者が様子を見に池へ行ってみて、唖然とする。
池の植物は綺麗に苅られて、水面には虚しくシオカラトンボが一匹佇む。
あのトンボがねぐらにしていた、池の周囲の林もきれいさっぱり伐採されて、
かわりにきっちりと葉先が揃った芝生が一面に敷き詰められている。
畑の中に、突如として土産物屋が出現し、
池がもうひとつあった(小さく目立たないが、トンボは多かった)場所には
広大は駐車場が広がる。農道も拡張されている。
しかし車は駐車場の隅にある二台の他は見当たらない。

今日は好天の連休なのに!!

そして肝心の例のトンボといえば、
当然のことながら、一匹たりとも姿を見つけることはできなかった。

もう、あのトンボはここで発生することは絶対ないだろう。

-----------------------------------------------------------------------------

この物語は基本的にはフィクションだが、出来事のひとつひとつは、
程度の差はあれ、国内のあちこちで実際に起きていることだ。

4月から始まる今年のシーズンの中でも、
またこういう経験をするのかもしれない。

トンボに限らず、虫屋は常にそういう恐怖にも似た憂鬱を抱えながら
日々ポイントを回っているのだ。

そんなことを、最近は考えている。
[PR]

by brunneus | 2010-01-31 02:17 | つぶやき | Comments(4)
2010年 01月 25日

preview2009/11

previewシリーズは今回でひとまず終了。
しかしまた何か思い出したら書くかもしれない。

ここ数年、シーズン終盤は、埼玉西部で過ごしている。
ルリボシヤンマとキトンボ。

ルリボシヤンマは盛夏から既にシーズン入りしていて、
10月を過ぎるとくたびれた個体が多くなるのだが、
マルタンだ、エゾだ、ハネエゾだ、マダラだ、、とあちこち忙しく動いているうちに、
結局後回しにしてしまい、こんな時期になってしまうのだ。

しかし、大型トンボがすっかり減って、小さなアカネばかりが目立つ秋の静かな湿地で、
ルリボシヤンマはひときわ大きな存在感を放つ。
狙いは雌。この時期は、決まって午後に水辺に産卵に訪れる。
岸辺でひたすら雌の飛来を待つのだが、
いつも知らぬ間に岸辺で産卵していることが多い。
ちょっと目を離した隙に入ってきているようだ。
「カサッ」という音にどきっとして岸辺を覗き込むと、
褐色の大きなトンボがふわっと飛び上がってきて目と目が合う。

雌は雄の縄張りが少なくなった時を狙ってやってくる。
毎年このポイントには雌狙いで数回訪れるが、去年は初回に雌が見られて満足してしまった。

そしてキトンボ。まさに秋がベストシーズンのトンボだ。
羽化自体は初夏には終わっているのだが、成熟まで時間がかかるらしく、
水辺に戻ってくるのは9月に入ってから。
小さいながらも寒さに強いタフなトンボで、11月に入っても、まだまだ元気に活動している。

去年は秋にアトリエ関連でばたばたしてしまい、キトンボを見に行けたのは、
11月に入ってからだった。
本当はカトリヤンマの成熟雄も見たかったのだが、どうやら時期が遅かったらしく、
カトリヤンマはちらりとも姿を見せなかった。
キトンボの方はまずまずの出で、数回だが雌の産卵も見られた。

ルリボシヤンマ雄:体長83mm
a0126535_143076.jpg

キトンボ雌:体長45mm
a0126535_153586.jpg


さて。東京ではもう梅も咲いた。
梅が咲くと、谷津の奥ではアカガエルの産卵が始まる。
その次は、街中の公園の池でヒキガエルの蛙合戦が繰り広げられる。
この頃には、吸い込む空気に生命の気配が充満しはじめる。
季節は春に向けて加速していく。
[PR]

by brunneus | 2010-01-25 01:09 | つぶやき | Comments(0)
2010年 01月 16日

preview2009/10

previewシリーズ再開。

秋のトンボの大きなイベントと言えば、マダラヤンマ。
9月が迫ると、いつマダラを見に行こうか、とあれこれ考えを巡らせる日々が続く。

マダラヤンマは不思議なヤンマで、
雄に比べて雌を見る機会が極端に少ない。
まあ、他の多くのヤンマも多少なりともその傾向があるのだが、
マダラヤンマは飛び抜けて雌に出会う確率が少ないのだ。

しかし羽化する性比は1:1。
これはひとえに雌の行動が理解されていないことが原因だと思う。
かつてマルタンヤンマの雄が「幻のヤンマ」と言われていたように。

トンボ屋の中には、雌の行動を理解している、というか、臭覚が鋭い、というか、
やすやすと雌を見つけてしまう人もいるようだが、
今の自分にはとてもそこまでの境地に辿り着けそうもない。

そこでできるだけ個体数が多い中部地方に毎年足を伸ばすのだが、
やはり今年も雌には振られてしまった。
雌の収穫ゼロは、これで2年連続だ。

しかし一方で、ポイントの微妙な変化も感じ始めている。
かつていくらでもいたオオルリボシヤンマの数が激減しているのだ。
マダラヤンマの数も減っている気がする。
付近のいくつかの生息地の環境が改変されてしまった影響もあると思うが、
もっと根本的に何か別の原因があるように思う。

物理的な個体数ではなく、羽化した成虫の行動の変化とか、、、。
たまたま行った日が悪かった、という可能性も否定できないが。

いずれにせよ、もうしばらくは様子を見てみようと思う。

マダラヤンマ雌:体長65mm(2007年の画像から)
a0126535_137565.jpg

[PR]

by brunneus | 2010-01-16 01:43 | つぶやき | Comments(0)
2010年 01月 10日

春が待ち遠しい

previewシリーズはいったん中断。

昨日、アトリエでトンボ仲間3人と新年会。
今回はSさんも初参加。
午後1時から始めて、散会が8時。
毎年思うことだが、トンボの話を始めると、一種のパラレルワールドに
トリップするようで、時間の感覚が麻痺してしまう。
気付けば7時間経っていたが、全然話し疲れた感じがしない。

話すうち、春が待ち遠しくなった。
春の使者、トラフトンボを見るまで、あと3ヶ月。
a0126535_22444626.jpg

[PR]

by brunneus | 2010-01-10 22:45 | つぶやき | Comments(2)
2010年 01月 04日

preview2009/09

このシリーズは年内に終わらせようと思ったのだが、ずるずる続けるうちに、
年が明けてしまった。
今年の抱負じみたものは、このシリーズが終わってからにしようと思う。
トンボとしての新年は、4月下旬から始まるのだから!!ということにして、、。

秋に思いつきで沖縄へ。
慶良間諸島の座間味島に滞在する。
かつて慶良間では渡嘉敷島と阿嘉島に行ったことがある。
渡嘉敷では初めてオオメトンボと出会い、
阿嘉島では沖縄通いのきっかけとなるトビイロヤンマを見た。
慶良間は想い出深い場所なのだが、座間味はまだ行ったことがなく、
どんな風景や生き物に出会えるのか、楽しみだった。

座間味の港は、慶良間の島々に共通した、こぢんまりとしながらも、
どこか暖かみのある雰囲気だった。
そして海沿いの集落を内陸に10分も歩くと、すぐに原野が広がるところも共通している。
目を付けたのは、この原野と、そこから流れ出る水路。何かが来そうな気配がしたのだ。

亜熱帯特有の、全てを紫色に包む黄昏時。
案の定水路にちらちら何か黒いものが飛んでいる。オオメトンボだ。
渡嘉敷でも水路に群れをなして飛んでいるのを見た。
黄昏時に狭い範囲をせかせかと飛ぶ習性とは裏腹に、このトンボは遠方まで移動する能力に長けていて、
近年では本来の分布域から遠く外れた九州本土にも飛来記録がある。
大海原を渡る時、このトンボはどんな飛び方をするのだろうか。

そして今回の旅の最大の発見、アシグロウマオイ。
その珍奇な姿から、山深いヤンバルにしか棲息していないものと勝手に思い込んでいたので、
小さな島の、しかも民宿の真ん前の草むらで見つけた時は驚いた。
未知のフィールドは、こういう予期せぬ発見があるから面白い。

その後、沖縄本島中部のトンボのポイントへ立ち寄り、
ここでも他の場所では見られない多くの知見を得ることができた。

季節を外し、ポイントも敢えて外すことで、逆にそこから新たなものが見えてくることを学んだ。


オオメトンボ雄:体長50mm
a0126535_20552797.jpg

アシグロウマオイ雄:体長55mm
a0126535_20563686.jpg

a0126535_2057877.jpg



あけましておめでとうございます。
[PR]

by brunneus | 2010-01-04 21:00 | つぶやき | Comments(4)