<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 28日

キイロヤマ採集記

ある年の正月のこと。
忘年会でM氏の家に集い、例のごとく一日中トンボ話に花を咲かせていた。
そしていつからか、

「キイロヤマはおんもしれーよ!!」
「そうそう、あれはハマるねー」

という話になった。
その時の採集風景の映像を見つつ、ビール片手に嬉々として話し出す彼等を眺めながら、
「なるほど、確かに楽しそうだ。
しかしこんなに凄腕ハンターたちを興奮させ、苦戦させるトンボは、
どんなに難しいんだろう、、。
中途半端な装備とへっぴり腰のフォームしか持ち合わせていない自分には、
とても採集なんてできないんだろうな、、。」
などとぼんやりと考えていた。

しかし、国産macromia属の手持ちが充実してきた状況では、
本土分布種の最後の砦、キイロヤマトンボを無視するわけにもいかなくなってきている。

「今年はキイロヤマ、参戦しますよ!!」

威勢のいい宣言をして、はや数年。
休みや、他のトンボとのスケジューリングがどうしても合わず、
結局、その姿を生で拝むことのないまま、月日だけが過ぎていった。

彼等の話を聞くと、どうやらキイロヤマトンボを採るには、ネットが重要な鍵
になるらしい。
そして今年、ようやくキイロヤマ専用のネットを入手(Sさん、ありがとうございました)、
悪天による延期を経てから、満を持して初参戦に臨んだのだった。

トンボ仲間とのプチ遠征は、いつも前夜発。
今回は1台の車に男5人という濃密なトンボ行となった。
そしていつものことながら、トンボの話をしているうちに明るくなり、
結局仮眠ゼロでポイントへ。皆殆ど完徹状態だ。
仕事で終電でも地獄なのに、どうしてこういうことになると、全然疲れないんだろう。

午前4時半。朝焼けが始まった。
M氏の「ちょっと〜、まだ早いんじゃないの〜」
という声をよそに、待ちきれない他のメンバーは、いそいそと準備を始める。
そしてまだ夜の冷気が漂う中を、ポイントへ。
a0126535_027629.jpg


ポイントはいかにも「とうとうと流れる清流」という言葉がぴったりの、
なんとも気持ちいい環境。
水着でも着て、水遊びをしたら、どんなに楽しいことだろう。
しかしここは重装備。まるで泥沼の戦地に赴くような格好で川の中に踏ん張り、
遠くに霞む空間にトンボの影を探す。
a0126535_0313770.jpg


そして薄暗がりの中を、時々ちらちらと通過するトンボの気配に全神経を集中させる。

午前6時20分。
上流側から、ひとつのトンボの影が水面近くをぐんぐん接近してくる。キイロヤマか?
竿を構えて、足元を通過する瞬間に思い切り振る。

「パッキーン!!」

周囲の竹林に、哀しい音が高らかに響き渡る。

シマノ製玉網EV6m。
トンボ屋の間ではこれ以上のスペックはない、と唱われた愛用の竿が見事に三分割してしまった。
頭が一瞬で真っ白になるが、R氏の助言と、ビニールテープを借りてなんとか応急処置。
しかしリーチが半分ほどに、、、。

なんとか気持ちを奮い立たせ、川面に仁王立ちになること6時間。
午後12時33分、M氏が見つけてくれたキイロヤマトンボ雄を、
ついにネットに入れることが出来た。

初めのうちはちょくちょく飛んできた各種トンボも、8時を過ぎるとぱったり来なくなってしまっていた。
この後は徹夜の影響が出始め、睡魔とひたすら戦う時間帯となる。
気付くと川岸にへたり込み、意識を失っていたこと数回。

そしてカラスの声に目をむけると、なんと買い置きした食料が入ったビニール袋の周りに、
黒い鳥が3羽。
「こらあ〜!」
とじゃばじゃばと石を投げつつ駆け寄り、無事を確認してみると、全然無事ではなかった。
午後の楽しみにしておいた、タマゴサンドとバウムクーヘンが、袋だけに。
たらこおにぎりは一見無事だったが、出してみると中から川の水がちょろちょろ、、、。

「はっはっは、この川では誰もが通る道だよ!」
M氏の慰めの言葉?に癒されつつも、さらにキイロヤマの追加を待つ。

午後4時25分。
「雌来たっ!!」の声に駆け寄ると、浅瀬の上を猛速で飛び回るトンボの影。
足元を前に横に後ろにすごいスピードで旋回し、全く狙いがつけられない。
「一点を見て」
対岸からのR氏の冷静な声に導かれ、自分の前方に影が来た瞬間に、
思い切って竿を振り下ろす。
「パシャッ」
「採った!」
水中のネットの端っこには、黄色い翅と金緑色の複眼が、、、。

チャンスはこれっきりだったが、
トンボ仲間を魅了させてやまないキイロヤマトンボの雌を、ついに手にすることができた。
これで、竿が折れたことや、カラスに大事な食料を盗られたことは、チャラになるだろう。

コヤマトンボ雌:体長70mm
a0126535_171823.jpg

キイロヤマトンボ雌:体長74mm
a0126535_181340.jpg


生態写真で見ると瓜二つのこの2種類だが、
こうして見ると、体型が全然違う。スリムな腹部に、黄色い翅。
そして腹部第3節の側面黄色斑が「キレてる」。
八重山のヒナヤマトンボにも通ずる独特のフォルムは、確かに魅力的だ。

もう今年は行くことはないだろうが、長年の宿題を果たすことが出来て良かった。

黄昏ヤンマシーズンが本格的に始まる前に、竿が修理から戻ってくるか心配、、、。
[PR]

by brunneus | 2010-06-28 01:14 | Comments(2)
2010年 06月 24日

そして多摩の初夏

関東の6月は、春のトンボと夏のトンボの入れ替わりの時期。
出現する種類が最も豊富になり、一年で一番忙しい季節になる。

なんとかサナエトンボは遠征前にクリアできたのだが、
初夏のトンボでは、まだムカシヤンマとサラサヤンマ詣でが出来ていない。

まず優先順位はムカシヤンマ。産地も限られ、出現期も短い。
仕事前の僅かな時間を縫って、東京都西部のムカシヤンマのポイントへ出かけてみた。
もう出現末期のぎりぎりのタイミングだ。

実はこの日は予報も悪く、全く期待していなかったのだが、
朝に起きてみると窓に青空。慌てて家を飛び出したのだった。

午前10時半。
爽やかな日差しの中、瑞々しい緑の中を歩いてポイント到着。
制限時間は2時間。

ここにはサラサヤンマもいるのだが、まずはムカシヤンマを探す。
いつもなら、日だまりへ出ると「ブルルッ」と重低音の羽音を響かせながら
シャツを目がけて突進してくるのだが、どういうわけか、気配が全くない。

焦ってあちこち探索すると、ようやくそれらしき姿を見ることができたが、
さっと斜面を飛び上がる影や、頭上をまっすぐ通過する個体を見るだけで、
とてもチャンスがありそうに思えない。

どうやら活動が鈍い時間帯に来てしまったようだ。
しかし粘ればチャンスは来るもの。
ひとつだけでもいいから、、、。という謙虚な願いが通じたのか、なんとか
ワンペアを採ることができた。
採集した雌は、手にするまで雄とばかり思っていたので、幸運だった。
このトンボの雌の行動は雄と変わらず、掴みどころがない。

ムカシヤンマ雄:体長75mm
a0126535_351019.jpg

ムカシヤンマ雌:体長73mm
a0126535_355250.jpg

[PR]

by brunneus | 2010-06-24 03:08 | Comments(0)
2010年 06月 24日

ひとまず八重山はおしまい

a0126535_2285266.jpg

a0126535_2291161.jpg


今回は、ちょくちょく地元で行動を共にしているトンボ仲間二人との、
賑やかな旅だった。
とくにA氏はン十年振りの八重山とあって、初日から全開状態だった。
それにつられてM氏と自分も全開。
自分よりずっと年上の二人なのだが、その強靭な体力と精神力に、
ついて行くのが精一杯だった。

遠征はいつも、休憩なし、日の出前から日没後までぶっ通しの
フィールドワークだ。
ネットを枝にひっかけて破いたり、池にはまったり、大チャンスを外したり、、、。

汗だくになりながら、ひやひやとどきどきを楽しむ。
単独行もそれはそれで良いが、たまには皆で騒ぎながら駆けずりまわるのも楽しい。
今回は天気に泣かされ、来年以降に大きな宿題を残したが、、、。

南方の余韻に浸っている間にも、関東では続々と夏のヤンマが飛び出している。
自然は待ってくれない。
[PR]

by brunneus | 2010-06-24 02:43 | 沖縄 | Comments(2)
2010年 06月 16日

目についたものたち/その5

番外編その2。

スコールが止み、太陽が雲から顔を出すと、そこらじゅうの草むらから一斉に
「ビー・・・・」という音が聞こえてくる。

声の主はこれ。

イワサキクサゼミ
a0126535_2015922.jpg


国内では沖縄本島南部を北限とし、
まだ他のセミが鳴き出すずっと前、早春の頃から見られる。
宮古の方言では「ヌージ」と言うらしい。(同行のAさん曰く)

声は大きいが、大きさはこれくらい。

a0126535_20172486.jpg


九州以北のセミで最も小さいのは秋に山地で鳴くチッチゼミだが、
イワサキクサゼミの大きさは、チッチゼミなんか話にならないくらい小さい。
東京近郊でそろそろ鳴き出すニイニイゼミの、半分以下の大きさだ。

いつも行くフィールドは沖縄本島北部なので、このセミの分布域からは僅かに外れている。
なので今回の旅では、内心、このセミとの出会いも楽しみにしていた。
7年前に訪れた時にも、いることはいたが、疲労で余裕がなく、満足に探すことが出来なかった。

今回は最初から狙うつもりでいたが、最初の数匹は探すのに苦労した。
しかしよく見ると、至る所の草にくっついている。
草の上に何か黒っぽい、灰色っぽいものがあるな、と思って近づくと、たいていこのセミ。
旅の間中、常にこのセミの声と共にいた、と言ってもいいかもしれない。

そして山沿いではもう一種類の声が聞こえた。
「シーーー・シーーー」という連続音。日当たりのいい、林道脇の灌木から聞こえてくる。
時々「シッシッシッ」という間奏が入る。
イワサキクサゼミより高く、鋭い音で、どちらかと言うとニイニイゼミの音質に近い。

こんなに真っ昼間から大々的に鳴くのは、キリギリス系ではなくセミの仲間だろうな、
とは思ったものの、声のする所に近づいても正体は分からなかった。
暑さのせいでそれ以上の探索をやめてしまったのだが、
帰宅後、ネットでセミの鳴き声が聞けるサイトで調べてみると、
なんと、あの声はツマグロゼミだった!

国産のセミの中では最美麗種と言われていて、宮古島では稀だが、
八重山諸島西部の島々では普通に見られるという。

しまったー・・・。

もっとちゃんと探せば良かった、、、。

もし、次に行けることがあれば、是非見てみよう。
[PR]

by brunneus | 2010-06-16 20:35 | Comments(0)
2010年 06月 16日

暗闇系

大きな目、焦げ茶の体をした2種のトンボ。

オオメトンボ雄:体長50mm
a0126535_13222562.jpg

a0126535_13224326.jpg


このブログでは幾度となく登場している、お気に入りのトンボ。
「南方系の特徴」である、ほっそりとした体と、ヤンマのような大きな頭部。
静止はぶら下がり型。
トンボ科にありながら、トンボ科らしからぬ特徴を備えた魅力的な種だ。
日の出前と日没後の薄暗がりの水面上を、影のように俊敏に飛び回る。
7年前には確認できなかったポイントで、そういえばいるかも、、、と暗くなるまで粘った。
あたりが夜の影に飲み込まれる頃、水面に糸くずのようなものが移動しているのを発見。

いた!!

数は沖縄本島のフィールドほど多くはないが、そこそこ見られた。

実は今回、もう一種類の「オオメトンボ」狙っていたのだが、生息地の環境が変わったからか、
全く姿を見なかった。残念。


リュウキュウカトリヤンマ雌:体長68mm
a0126535_13341724.jpg

a0126535_13353738.jpg


国内では奄美諸島以南に分布。内地のカトリヤンマに近い種だが、色が一段と暗い。
種としては普通種の部類に入るのだろうが、なかなかお目にかかれない。
個人的にはカラスヤンマなんかよりずっとチャンスが少ないヤンマだ。
まあ、めったに薮から出ず、徹底的に目立たない習性を持っているから、
しようがないかもしれない。
沖縄本島では、黄昏の湿地で、いつも目の前に突然現れ、一瞬で消えて行く。
竿を構える時間もない。

今回、森林内の小池で別のトンボを狙っている時、
足元で黒い大きなトンボがホバリングしているのが目に入った。
それと同時に「リュウカトだ!」と竿を持つ手に力が入ったが、次の瞬間には視界から消えていた。
しかし、その後はちょくちょく同じ地面に飛来し、ホバリングする。
おかげで初めてその姿をゆっくりと見ることができた。
偶然、絶好の産卵ポイントのど真ん中に立っていたのだ。


南方へ出かけると、常にこの2種と出会えることを期待しているが、
それが叶った時の充実感は大きい。
[PR]

by brunneus | 2010-06-16 13:47 | Comments(0)
2010年 06月 13日

南のトンボ

記念すべき、ブログ開設一周年のトンボは、このトンボ。

ミナミトンボ。
その名前「南蜻蛉」に相応しく、東南アジアから南太平洋にかけて分布する、
正真正銘の南方系のトンボだ。
なんともシンプルな和名だが、「ミナミヤンマ」と共に、自分が生まれ育った本州には無い、
どこか特別な響きを持つ名前だと思う。

国内では宮崎県以南の九州と、トカラ列島、八重山諸島の一部に分布している。
分布空白地域の奄美諸島と沖縄本島では、近い仲間であるリュウキュウトンボ
(これもシンプルだが魅力的な名前)に、入れ替わっている。

ミナミトンボ雄:体長50mm
a0126535_0524558.jpg

a0126535_0531232.jpg

ミナミトンボ雌:体長50mm
a0126535_0535896.jpg

a0126535_0542122.jpg


一見すると内地のエゾトンボの仲間に似ているが、体型が全然違う。
いかにも華奢で、熱風が吹き抜ける南島の湿地を軽やかに飛ぶのに適した体型をしている。

これは勝手な思い込みなのだが、トンボの体型は、
・北に行くほどずんぐり
・南に行くほどほっそり
という傾向がある、と思っている。
北の代表は、ホンサナエ、カラカネトンボ、ヨツボシトンボなど。
南の代表は、ミナミトンボ、カトリヤンマ、ホソアカトンボなど。
まあ、単なる個人的な思い込みなので、これに当てはまらない種も沢山いるし、
もちろん科学的な根拠は皆無なのだが、、。

ミナミトンボの、ほっそりとした体型に、「南」を強く感じてしまうのだ。
7年前の八重山では僅かな数しか見られなかったが、今回は幸運なことに、
あちこちで出会うことが出来た。

太陽が傾き、地表に夜の涼しさが滲み出てきた時間。
草むらの中の湿地の上を音もなくホバリングする姿。
早朝に、爽やかな風が流れる渓流の上、木々の切れ間を静かに旋回する姿。

いつかは見てみたい、と思っていた光景を見ることができた。
これがこの旅の一番の収穫だったかもしれない。

さて、ブログもやっと1年を迎えたわけだが、この間に沖縄には3回行っている。
このハイペースはいつまで続くかわからないが、自分のなかで南方遠征は、
1年のリズムの中にがっちりと組み込まれている。
初夏の南方から帰ると、関東の真夏が始まる、、。

春のトンボが一段落し、これから真夏のトンボの季節が始まる。
どんな出会いとドラマが待っているのだろうか。

八重山ネタはしばらく続けます。
[PR]

by brunneus | 2010-06-13 01:10 | 沖縄 | Comments(0)
2010年 06月 11日

南洋?

今回の採集物の中に混じっていたもの。

野外ではヒメハネビロトンボと疑わなかったが、、。
a0126535_16382825.jpg

よく見ると、翅基部の褐色班が小さい。

ヒメハネビロトンボと比べてみる。
a0126535_16394470.jpg


図鑑によると、
「ヒメハネビロトンボより褐色班が縮小し、コモンヒメハネビロトンボよりは発達する」
という特徴を持つものを、「ナンヨウヒメハネビロトンボ」というらしい。
位置づけはヒメハネビロトンボの亜種。東南アジアに分布し、八重山には少数が飛来するのみ、
とある。

ただ、どの図鑑を開いても、翅の褐色班以外の差異については触れられておらず、
さらにややこしいことに、ヒメハネビロトンボやハネビロトンボにも翅班が縮小する個体が出るという。

南洋だったら嬉しいが、、、。
さて、どんなんだろう。
[PR]

by brunneus | 2010-06-11 16:45 | 沖縄 | Comments(0)
2010年 06月 10日

赤いのふたっつ

南方系の赤いトンボ2種

オオハラビロトンボ雄:体長40mm
a0126535_3244984.jpg


ホソアカトンボ雄:体長40mm
a0126535_3253595.jpg


この2種類はいずれも熱帯地方に分布の中心を持つ種で、
オオハラビロトンボは九州南端、ホソアカトンボは八重山が北限。
両種共に、木漏れ日が射す、鬱蒼と茂ったジャングルの中の小池を棲息地としている。

同じような棲息環境だからか、真っ赤な腹部と、黒と黄色の胸部。
「木漏れ日系」のトンボに共通する色の組み合わせなのだろうか。

むせ返るような湿気の、薄暗いジャングルに射し込む光の筋の中に佇むその真っ赤な色彩は、
どきりとするほど美しい。
[PR]

by brunneus | 2010-06-10 03:32 | 沖縄 | Comments(0)
2010年 06月 09日

もうひとつの大物

今回の八重山では、予想外の大物を採ることができた。

その大物とはオニヤンマのこと。
種としてのオニヤンマは、北海道から沖縄まで全国に分布し、
関東地方でも、山沿いを中心に、どこにでも見られるありふれた普通種だ。

しかし八重山に分布するオニヤンマは、その他の地域のものと明らかに形態が異なり、
将来別種、もしくは亜種に分類される可能性がある。
比較対象として、関東産のオニヤンマと並べてみた。
a0126535_21264851.jpg

左:東京都産  右:八重山産

八重山産は大型になるが、その他に腹部に注目。
左の東京産の個体は、先端付近が左右に少し膨らんで終わるが、
右の八重山産は、根元からそのまま細くなって終わる。

そして裏側。
a0126535_2273796.jpg


残念ながら東京産の個体の裏側を撮っていないので比較できないが、
八重山産は腹部の黄色斑が腹部裏側で大きく発達する。
写真ではそれほど目立たないが、野外では一見してその黄色が目に飛び込み、
本土産と全く違う、黄色いオニヤンマに見える。

上記は雄個体での話だが、雌はもっと差が顕著で、翅の付け根に鮮やかなオレンジ班が発現する。
しかしいまだ雌が採れていないので、図鑑で眺めるのみだ。

「ヤエヤマオニヤンマ」
将来、こんな感じの名前でも付くのだろうか。

オニヤンマは真夏から初秋のトンボなので、まさか5月の八重山で出会えるとは思っていなかった。
なので、ぬかるんだ路上を低く往復する巨大なトンボが、一瞬、何の種類か分からなかった。

こういう予想外の出会いがあるから、遠征は楽しい。
[PR]

by brunneus | 2010-06-09 22:03 | Comments(0)
2010年 06月 09日

目についたものたち/その4

トンボ以外ではこの虫。
キンキラキンのカメムシ。この輝きは、九州以北にはないものだ。

ナナホシキンカメムシ:体長22mm
a0126535_16515292.jpg


裏側も美しい。
自分の中で、密かに沖縄をシンボライズする昆虫。
図鑑にはカンコノキ類に集団で見つかる、と書いてある場合が多いが、
長年の沖縄通いのなかで、見かけるのはいつも単独。

夜のコンビニの灯りの下に佇んでいたり、
林道の頭上の葉から、ブーン、と飛び立ったり。

それが今回、沢沿いの一本のオオバギの木に大量に群れていた。
よく図鑑で見る、一枚の葉にかたまる集団はいなかったが、
一枚の葉に一匹、というくらい、まるでナナホシキンカメムシの木、と言えるくらい、
沢山いた。

驚喜して次々につまむが、やはり指先がカメムシ臭に、、、。
驚いたのは、臭液が付着した部分の皮膚が黄色く変色し、いくら洗っても落ちなかったこと。

強烈、、、。
[PR]

by brunneus | 2010-06-09 16:58 | Comments(0)