<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

preview2011

2011年が終わる。

今年は、これからシーズンが始まろうという時にあんな出来事があり、
トンボ以外の所で重苦しい幕開けとなった。

しかし、シーズンが始まってみれば、出だしはまずまず順調。
シーズン一発目のトラフトンボは今年も数が多く、
青空の下、新緑の木々の上を悠々と旋回する群れは圧巻だった。
そして結局昨年採りこぼしたサラサヤンマ雌も無事採ることができた。
しかし、ムカシトンボだけは徹底的に天気とタイミングにふられ、満足な成果をあげられなかった。
晩春の埼玉サナエポイントは、ここ数年では一番状態が良く、
いるべきトンボが全て見られ、全て手にできた出来過ぎな一日。
ムカシヤンマは今年も数は少なかったが、幸運な出会いがあり、
短時間ながら雌雄を無事採集。
春のシーズンは予感に溢れた満ち足りた日々だった。

a0126535_1249866.jpg


そして南方遠征。
台風によるキャンセル、チケット新規取り直しという
遠征史上初の強引なスケジュール変更の末にたどり着いた亜熱帯の地は、
台風の影響がまだ残るのか、トンボの気配が殆ど無かった。
しかし、視界の隅や、林の陰にさっと見え隠れする僅かなトンボの気配に追いすがり、
なんとか最低限の目標は達成することができた。
黄昏の水田を、赤い鮮烈な残像を残し俊敏に飛び回るアメイロトンボが、
いつになく多かったのが印象的。

a0126535_147983.jpg


内地に帰るとヤンマの季節になっていた。
千葉のネアカヨシヤンマは、今年はタイミングが良かったらしく、一回の採集で満足。
ここ数年産地探しに苦戦しているマルタンヤンマは、新たに良好なポイントを見つけたものの、
ここも安泰ではなさそうだ。
そして茨城のエゾトンボ大群飛。この日が今年の採集行のクライマックスだったかもしれない。
ハネビロエゾトンボは例年通り、久しぶりの長野メガネサナエ採集行きはなんとか雌雄を入手。

a0126535_13285930.jpg

a0126535_13291731.jpg


そしてここまでは良かった。
いよいよ後半戦のマダラヤンマのシーズンが開幕したあたりから、
序々に運気が下降線を辿っていく。
多大な費用と時間と労力をかけても、結局雌はおろか、
雄さえも手に出来ない初めての年となってしまった。
すがる気持ちで訪れた、多産地(であった)ポイントが壊滅状態だったことが大きい。
トドメは北関東のポイントで、黄昏の湿地で雌の振り逃がし。
目の前で飛ぶ雌の手前の空を切るネットの映像は、未だに瞼の裏側から離れない。
「今年の3大振り逃がし」というランキングがあるとすれば、確実にノミネートされるだろう。
そして秋が深まり突発的に行った南方は、トンボが目的ではなかったが、
予想外にヒメキトンボ、アメイロトンボに出会えた。
未知の土地でのトンボとの新たな出会いは、それ自体が楽しい。

a0126535_13363150.jpg

a0126535_13364556.jpg


全体を通してみると、成果としてはまずまずの1年だったと思う。
しかし、良からぬ噂や気配を各地で見聞きする、暗い予感が付きまとう1年でもあった。
トンボを採集する人間にとっては、これからますますやりにくい世の中になるだろう。
「カワイソウ」とか、「昆虫マニアは自然破壊者だ」
という低次元な主張がまかり通るようでは、行く末に光はない。
こういう人々に対しては、科学的なことを説明しても、無駄なのだ。
それは一種の趣味、もしくは信仰だから。
そしてこういう人々がマジョリティで、様々な権限を持っている。
自分なりの自衛の策を、これからは今までにも増して考えていかなければならないだろう。

トンボは毎年変わらず発生するが、それを取り巻く環境は次第に悪化している。
来年はどういう年になるのだろう。
[PR]

by brunneus | 2011-12-31 14:10 | つぶやき | Comments(0)
2011年 12月 28日

グラデーション・その3

トンボという昆虫の最大の特徴は何かと言えば、それは翅だ。
傍目にはどれも同じように見えるが、よく見ると、実に変化に富んでいる。

例えば翅の形。
幅が細いものから幅広のものまで様々だ。

a0126535_0273393.jpg


左から
ホソアカトンボ雄、ウチワヤンマ雄、エゾトンボ雄、マルタンヤンマ雌、
カラスヤンマ雌、チョウトンボ雌
右に行くにつれ、幅が広く、長くなってゆく。

生物の形態は、その生活様式で決定される、という説に沿って考えれば、
たとえば込み入った森林内で生活するホソアカトンボの翅が幅が狭いことや、
やはり森林内に潜み、繁茂した挺水植物の中で産卵するマルタンヤンマの翅が太短いこと、
逆に大空を悠然と滑空するカラスヤンマやチョウトンボの翅が幅広く、長いことは
見事にそれを表している。

鳥で言うと、
森林内に棲むオオタカの羽が太短いこと(これはマルタンヤンマ的)、
大空を旋回するイヌワシの羽が幅広く長いこと(カラスヤンマ的)、
と同じことかもしれない。

ある年。
初夏の沖縄で、上空を旋回するカラスヤンマと、
さらにその上空で一回り大きな円を描くトビの姿が重なったことがあった。
ずいぶん大きさは異なるが、見事なまでに飛び方が同じで甚く感動したことがある。

生物種は違えど、やはり生活様式が似ているトンボと鳥は、
共通点が多いのかもしれない。
こういうことの発見が、さらに生き物の観察を面白くする。
[PR]

by brunneus | 2011-12-28 00:40 | つぶやき | Comments(0)
2011年 12月 15日

最後の生き虫画像

トンボ採りの際、余裕があれば水中を掬い、ヤゴが入れば持ち帰ることがある。
ヤゴ採集で楽しいのは、羽化するまで何が出てくるか分からないところだ。
ヤゴの同定に関して詳しくないことの裏返しなのだが、、。

沖縄で掬ってきたヤゴの一頭が、先日羽化した。
あまりはっきりヤゴを見ていなかったので、あわよくば珍品が、、、。
と淡い期待を抱いていたのだが、出てきたのがこれ。

タイリクショウジョウトンボ雌:体長45mm
a0126535_1342254.jpg

a0126535_1422529.jpg


内地で見られるショウジョウトンボの南西諸島亜種とのことだが、
いずれにしても「超」が付く普通種。がっかり。

しかし、ショウジョウトンボの未熟個体ならではの、
全身が鮮やかな黄色に染まったさまは、なかなか美しい。
成熟してしまうと雌は、せっかくの黄色が薄汚い土色に変わってしまう。
まあ、未撮影の種だったので(あまりに普通種だからだが、、)
手持ち画像が一種増えただけでも良しとするか、、、。
[PR]

by brunneus | 2011-12-15 01:42 | 沖縄 | Comments(0)
2011年 12月 02日

グラデーション・その2

トンボを始めたばかりのころ、
新しい種類のトンボを知るにつれ、ふとあることに気付いたことがあった。

憧れのミナミヤンマを知った時の衝撃は大きかったが、
雌の腹部の独特の形にまず目を奪われた。
胸からすらっと細く伸びる腹部の先が、円盤を付けたようにぷくっと膨らんでいる。

トンボの尻尾(腹部)は先端まですらっと長いものとばかり思っていたのだが、
他の種類もよく見てみると、そうではない種が意外に多い。
とくに、腹端がぷっくりと膨れているものがよく目につく。
この膨らみはなんのためにあるのだろう、、。

まさかここに進化の鍵が、、、
なんて呑気なことを考えていたのだが、
いつかトンボの種類が揃ったら、腹部を並べて形を比べてみたいと思っていた。

そして気付くとそれが可能になっていた。

a0126535_14254495.jpg

左から:サラサヤンマ雄、ミルンヤンマ雄、リュウキュウギンヤンマ雄、
カラスヤンマ雄、オキナワサナエ雄、カラスヤンマ雌、アオサナエ雄、
メガネサナエ雄、ミヤマサナエ雄、ウチワヤンマ雄

左から右に進むにつれて、腹端の膨らみが強くなっていく。
今ではこれを進化に関連付けることはないが、
こうして並べてみると、膨らみ方もずいぶんバリエーションがあって、
腹部だけでも充分その種の特徴をよく表していると思う。
[PR]

by brunneus | 2011-12-02 14:32 | その他 | Comments(6)