トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 23日

ものがたり・その2

 名護バスターミナルは、相変わらず人の気配がなかった。
あるのはガリガリというディーゼルエンジンの音と、真昼の熱風。静かだ。そもそも、辺
土名へ向かう接続のバスの時間をきちんと調べておくべきだったのだ。周到に下調べをし
ておけば、この殺風景な場所で一時間も時間を潰すことはなかったのだ。
 とりあえず、自動販売機で冷えたサンピン茶を買って飲む。鼻の奥に広がる一年振りの
爽やかな亜熱帯の香り。たまに、目の前を地元の高校生や主婦が通り過ぎる。
 そんな風景を眺めるのにもすぐに飽きて、ターミナルの中の小さな売店へ行ってみる。
涼しげな暗闇に包まれた店内には、沖縄顔をしたオバアが一人。ここでおやつにサーター
アンダギーを買う。空港で見かける華奢なやつではなく、ごつごつとして武骨なやつだ。

 ようやく67番乗り場にバスがやってきた。潮風にさらされて、その外観は余す所なく
色あせている。車内に乗り込むと、また強烈な冷房の歓迎を受けた。
 
 くたびれたバスはのろのろと名護市内を走っているが、やがて左手に陽光を目一杯浴び
た東シナ海が見えてくるころになると突如として元気を復活させ、猛スピードで海沿いの
国道58号線を突っ走る。
 はるか前方に見えていた辺戸岬が少しずつ大きくなってきたと思うと、あっという間に
今日の第一目的地に到着。あわてて降車ブザーを鳴らす。
 
 荷物を担いで降り立つと、容赦のない午後の日差しをまともに受けた。「暑い」という
生易しいものではない。熱せられた巨大の空気の塊が、頭の上から押し付けられているよ
うな圧力を感じる。亜熱帯では、光が物理的な圧力を持っているのだ。
 たまらずフクギの陰に身を寄せ、ごそごそとバッグの中から採集用の道具を取り出す。
東京から肩に担いできた6メートルの繰り出し式竿がようやく活躍の時を迎える。先端に
60センチ口径のネットを付け、皮膚の露出部分に念入りに日焼け止めを擦り込んで出発。
これから向かう、直射日光に晒された水田地帯のことを考えただけで目眩がする。捕虫網
を持った、真っ黒な影が地面を歩く。

 肩に食い込む重いバッグに耐えながら小さな家々の間を抜けると、目の前にだだっ広い
水田が広がっていた。遠い斜面からはオオシマゼミの金属的な声が眠たげに響く。
 眩しさに目を細めながらあたりを見回し、動いている物体を探す。いま立っている畦道
のずっと先を、さっと横切る黒い物が目についた。オオギンヤンマ。久々の再会だ。さっ
そく飛び去ったあたりに見当をつけ、水路沿いの畦道を進む。すると背後からも黒いトン
ボが抜けていった。どうやら水路上が飛行ルートになっているようだ。
 バショウの小さな日陰に荷物を置き、直射日光に耐えながらオオギンヤンマがやってく
るのを待つ。背中から首筋から汗が吹き出すのがわかる。
 やがて水路の海沿いから、黒いトンボが真っ直ぐにこちらへ向けて飛んでくるのが見え
た。竿をしっかりと握り直し、足元を通過する瞬間に振った。カサッという小気味良い音
と共に、ネットの中で暴れる大きなトンボの影。取り出してみると、深みのある緑色を帯
びたたくましい胸部と、すらりと伸びた腹部。内地のオモチャのようなギンヤンマとは全
く異なる重量感に、沖縄に来たことを実感する。今日は調子がいいようだ。
 オオギンヤンマはまだ他にも飛んでいたが、あまりの暑さに意識が朦朧としてきたので、
その先にある川へと逃げる。涼しげな木陰とひんやりとした水を、全身が欲していた。

 そしてその川は、あの真っ黒なトンボの住処でもある。
[PR]

by brunneus | 2013-01-23 01:17 | つぶやき | Comments(0)
2013年 01月 18日

ものがたり・その1

いくら自分が大切にしているトンボの標本でも、興味がない人々にとっては単なる昆虫の
死骸だし、それはゴミと同じだ。
しかし、その向こう側に、様々な物語が存在していることを知ったとき、心が僅かでも動
くのではないだろうか。

たとえばこんな物語。


○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○  ○


7月1日。

 梅雨まっただ中の、淡くぼやけた風景の中を、重い荷物に喘ぎながら羽田空港へと急ぐ。
新宿で山手線に乗り換えて浜松町。これから職場へと向かうスーツに身を包んだビジネス
マンに混じりホームへ降り立つと、微かな潮の香りが鼻先を掠めた。浜松町のモノレール
乗り場。切符を買って改札口を通過した瞬間、意識は日常の世界からはるか南方のまだ見
ぬ風景へと旅立つ。

 朝の羽田空港の出発ロビーは各地へと飛び立つ乗客でごったがえし、これから旅する様
々な土地への期待に満ちた空気であふれている。飛行機に搭乗するための各種の事務手続
きは、ある種の儀式にも似ていて、それらが一段落して身軽になると、気分が高揚するの
がわかる。

 午前8時25分羽田発那覇行き125便。行き先の脇にある天気の表示には太陽マーク。頭
の中で、今日一日のスケジュールをもう一度おさらいする。

 空調の独特な匂いと、脳の奥に響く甲高いエンジン音が充満する機内に乗り込み、自分
の座席に座りシートベルトを締める。機内は、これから降り立つトロピカルな世界の予感
に浮かれた常夏ファッションに身を包んだ老若男女で埋まっている。窓の外では粛々と出
発の各種作業をする車や機械や人。空港というのは本当に様々な人や物が働いている。
 やがて機体は動きだし、滑走路の端で一瞬静かになったかと思うと轟音と共に背中に大
きな重力がかかり、尻がふわっと軽くなる。窓の外には東京湾、多摩川、そして街、街、
街、、。あの中のどこかで、家族や職場の同僚は昨日と同じ日常を繰り返しているのだろ
うか。
 灰色の東京の風景はすぐに灰色の雲と共に隠れてしまった。大きな右旋回を感じながら
窓にくっつく雨粒を眺めていると上方が明るくなり、すぐに群青の青空の中に機体は飛び
出した。そしてその向こうには、雲の上に黒い富士山。
 その向こうは雲が少なく、甲府盆地の上にふわりと浮かぶ八ヶ岳。八ヶ岳から南に黒い
舌のような筋。あのあたりは韮崎から穴山、長坂、そして小淵沢へと続く七里岩台地だ。
幼い頃よく通った中央本線の記憶と、はるか一万メートルを飛行する現在の自分が意識の
奥でシンクロする。
 
 やがて眼下が雲に覆われると外を見るのにも飽き、気だるい眠気とともに意識が遠のく。

 ぽーん

 シートベルト着用を知らせる音で目を覚ますと、眼下に広がる海には点々と島影が見え
る。島はことごとくエメラルドグリーンの珊瑚で囲まれている。あの島はどこだろうか。
奄美諸島だろうか。見える島がどこだろうと、珊瑚礁を見て間違いなく自分は亜熱帯の世
界の上空を飛んでいることを実感する。純白の砂浜の内側に黒々とした森は、アダンやガ
ジュマルが生い茂り、クマゼミがけたたましく鳴いているのだろう。再び意識は窓の外に
釘付けになる。

 当機はまもなく那覇空港への着陸態勢に入ります

 アナウンスが終わってしばらくすると、眼下の海面がいつの間にか近くなり、ひとつひ
とつの波もはっきりと見えている。機内のモニターには小さく那覇の街が映し出され、よ
く見るとその中に滑走路を見つけた。
 外を流れる風景の早さが増したかと思うと、どすんという衝撃とともに、機体は灼熱の
那覇空港の滑走路に着陸した。機内から空港へと続く通路の窓には、白く眩しい亜熱帯の
光が充満している。

 腹が減っていた。
 
 スケジュールを考えると、これから先はまともに食事はできそうにない。高速バスの時
間までまだ少しあるので、空港出口のロビーにある小さな食堂でタコライスを注文する。
本当は沖縄そばが食べたかったのだ。
 煤けた壁には、退色した大昔の那覇の白黒写真が貼られている。店内には自分以外に客
はいない。そのせいか、店員はゆっくりと調理をしているようで、なかなかタコライスが
出てこない。
 壁の時計を見ながらやきもきしていると、やっと自分のテーブルに料理が運ばれてきた。
大急ぎで口になかに放り込み、高速バスの停留所へと急ぐ。タコライスはどんな味をして
いたか、分からなかった。
 空港を出た途端に、全身がえも言われぬ熱気に包まれる。そして排気ガスに混じった、
ほのかな亜熱帯の匂い。
 名護バスターミナル行きの高速バスは、既にエンジンをふかしていた。大きな荷物に
つっかえながら乗り込むと、鳥肌が立つほど冷房の効いたバスの座席に、身を埋める。
乗客は、他にくたびれた中年の男がひとり。高速道路の単調な景色を眺めていると、や
がてゆっくりと意識が遠のいていった。
[PR]

by brunneus | 2013-01-18 13:23 | つぶやき | Comments(0)
2013年 01月 13日

恒例

恒例のトンボ仲間新年会。

a0126535_21573839.jpg


なんと今年はハイビジョンテレビ導入、ということで、延々7時間、
昨年のフィールド映像をつまみに楽しんだ。
初の3D画像体験だったが、その不思議な臨場感に驚いた。

エゾハルゼミやクマゼミ、ヒグラシ、ホトトギス、そしてカジカガエルの声。
川のせせらぎの音。やはり映像のなかのそういった音で、眠っていた記憶がフィードバックされる。

そして昨年からカミキリにはまり始めた仲間に、飼育中のハイイロヤハズカミキリを見せてもらった。

a0126535_21584014.jpg


初めて見るが、シブいカミキリだ。聞く所によると、意外と身近なササ群落にいるという。
ヤゴもそうだが、見えない相手を探るタイプの採集は苦手だが、
もしササと出会ったらちょっと探してみよう。
[PR]

by brunneus | 2013-01-13 22:06 | つぶやき | Comments(4)
2013年 01月 12日

クロロゴンフス

トンボの中で何がいちばん好きかと言われれば、迷わず「ミナミヤンマの仲間!」と答える。
学名で言えばChlorogomphus属になる。
好きなものは検索してみたくなるわけだが、
googleで「chlorogomphus」と入力して検索して出てくる画像が、一向に増えない。
ならばこのブログで増やしてしまおう。ネット上でミナミヤンマの仲間を増殖させようという試み。

a0126535_4252284.jpg

上左:カラスヤンマ雌 Chlorogomphus brunneus
上右:オキナワミナミヤンマ雌 Chlorogomphus okinawensis
下:イリオモテミナミヤンマ雌 Chlorogomphus iriomotensis

そういえば、このブログでは勢揃いの画像はまだアップしていなかったかもしれない。
いやあ、、、。かっこいいなあ、、、。
[PR]

by brunneus | 2013-01-12 04:29 | つぶやき | Comments(0)
2013年 01月 03日

その先へ・その2

ハネビロトンボの続き。

進化の方向性に沿って形質を発達させたグループもいる一方、方向性とは別ベクトルの形質が発現するグループも現れる。

例えばこんな感じ。
a0126535_14184474.jpg


仮に和名を「チビハネビロトンボ」、学名を「Tramea pygmaea」としよう。
「翅が長く、大きくなる」というハネビロトンボの方向性とは別の方向性に進化したもので、こうして見ると、
「ハネビロトンボらしさ」が殆ど失われてしまっている。これは様々な原因が考えられるが、「長距離移動する必要がない」
ということが大きいだろう。
大移動をした先で、安住の地を見つけた結果の形なのかもしれない。

実際に、ミナミヤンマ科Chlorogomphus属では形態のバリエーションが豊富で、様々な方向に進化が進んでいることを感じる。

このように、進化は決して一方向ではないことも、また面白いところだ。
[PR]

by brunneus | 2013-01-03 14:32 | つぶやき | Comments(0)
2013年 01月 03日

その先へ

2013年最初の投稿は、正月や年初とは全く関係ないものを。

トンボを始めとする昆虫標本を年がら年中眺めて悦に浸っているわけだが、
なぜ飽きないかというと、並んだ標本たちが、様々なことを語りかけてくれているように思うからだ。

標本をじっと眺めていると、その種、もしくはその種を含むグループが向かう方向性(これを進化と呼ぶのかもしれない)が
朧げに見えてくる気がしている。

例えばこのトンボ。
a0126535_1032100.jpg


和名を「ハネナガハネビロトンボ」 学名を「Tramea brunneus」とでもしようか。

トンボには翅が大きいグループがいくつかあるが、それらは移動性が強い傾向があるのが特徴だ。
ハネビロトンボの仲間もその最たるグループで、世界中をつねに放浪しながら世代を繋いでいる。

ダーウィニズム的に考えると、この仲間の遥かな祖先はごく普通の翅を持つトンボだったはずで、
新天地を求めて移動を繰り返すうちに、より効率よく長距離を飛ぶために大きく長い翅を獲得していったのだろう。
進化の過程で出来上がったこの仲間の方向性は、「もっと長く、もっと大きな翅を」というものだと思う。
「ハネナガハネビロトンボ」は、この方向性を空想上でさらに進めてみたものだ。
もしかしたら、うまく風に乗れば、ノンストップで太平洋を横断できてしまうかもしれない。

こういった、「進化の方向性」を考えるのがとても面白い。
例えば500年後、1000年後のトンボは、どんな姿になっているのだろう。
進化のスピード感が今ひとつ掴めないので、1000年経ってもあまり変化がないのかも知れないが、。
もちろん、形態が変化するだけでなく、習性も変わるだろうし、地球の気候だって変わっているはずだ。

こういう空想の遊びは、ディティールに入れば入り込むほど面白い。
[PR]

by brunneus | 2013-01-03 01:18 | つぶやき | Comments(0)