トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 29日

秋モード

8月中旬を過ぎる頃になると、気になりだすのが丘陵地の谷津。
夕方、西日を浴びて池の上を悠然と飛び回る褐色の影。そう、マルタンヤンマだ。

今年も仕事の合間を見計らって、ポイントを覗いてきた。
日中は猛暑日だったからか、まだ陽があるうちは姿が見られなかったが、日没後、あたりが薄暗くなり
はじめたころに、ようやく飛んできた。
谷の奥から真っ直ぐに飛んできて頭上を通過、谷出口でUターンして若干高度を下げて、再び真っ直ぐ
向かってくる。正面、射程に入った所で、下からスイングする。

マルタンヤンマ雄:体長75mm
a0126535_2354973.jpg


黄色味を帯びた褐色に美しく染まった翅。深みを増した胸の青色。このトンボがシーズンを通して最も
輝く時期だ。
発生初期、7月いっぱいまでは、マルタンヤンマの雄は非常に採りにくいトンボだ。
早朝や日没後の暗い谷津の奥を、矢のような速度で飛び抜ける。木陰から飛んでくるのが見えていたと
しても、一瞬で脇を通り過ぎてしまい、竿を振ることもままならない。
しかし8月中旬以降は、明るい時間帯に、池などの開放的な空間をゆっくりと往復するので、姿さえ発
見できれば、不規則に飛び回るギンヤンマよりもむしろ採集は容易い。これがいわゆる「秋モード」だ。

雄の活動が終盤にさしかかる頃、入れ替わるように、今度は雌が姿を現す。

マルタンヤンマ雌:体長77mm
a0126535_052318.jpg


雌は時期に関係なく、池や谷津の上空を広く旋回しながら摂食する。基本的には雄より高い所を飛ぶが、
注視していると次第に下がってくるので採集は簡単。まだこの時期の雌は擦れもなく綺麗だ。

マルタンヤンマを追うのにも飽きた帰り道。
暗い木陰の路上を何かが忙しなく上下運動をしている。当然肉眼では正体を確認できないが、いつもの
顔ぶれだ。気配目がけて適当にネットを振ると、手応え。

ミルンヤンマ雌:体長70mm
a0126535_0112145.jpg


このヤンマはまだシーズンが始まったばかり。雌も腹部がミナミヤンマ雌のように平べったく、生殖活
動には入っていない個体が多い。

晩夏の谷津の、短時間でテンポ良い採集。こういう採集が一番好きかもしれない。
[PR]

by brunneus | 2013-08-29 00:15 | 東京 | Comments(0)
2013年 08月 24日

個体差

8月中旬。

関東は暴力的な熱波に包まれている。耳鳴りのような蝉時雨と、全身をがっちりと捉えて離さない熱気
だけでも、モチベーションを下げるのに充分だ。

しかし早くもエゾトンボのシーズンは末期。ハッチョウトンボの採集行の際、産地に立ち寄ってはみた
が、悪天で満足に姿が見られなかった。条件の良い日に、きちんと出現状況を確認しておきたかったの
だ。
暑さに耐えながら延々4時間、電車に揺られてポイントへと向かう。途中、暑さで疲れが溜まっていた
からか乗り換え駅で寝過ごしてしまい、大幅に時間をロス。しかしエゾトンボ雌を見るには、夕方前の
数時間だけで充分だ。

ポイントに到着すると、さっそく空間に視線を這わせ、空中を旋回する褐色の翅を探す。
早速、林に囲まれた空き地で雌が二匹摂食している場面に出くわした。幸先がいい。無事採集し、追加
を探すも、後が続かない。太陽が次第に傾く中、ポイント周辺を歩き回ったが、散発的に見かけるだけ
で、今年も2年前のような大群飛は見られなかった。


ところでエゾトンボの雌は、体長の個体差が大きいことが以前から気になっていた。
たまたま比較できる個体が採れたので掲載。

まずは小型個体。

a0126535_181744.jpg


目盛を見ると、60㎜ちょうど、というところか。雄ならば標準的なサイズだが、雌でこの大きさは、
かなり小型の部類に入ると思う。

そして大型個体。

a0126535_1954100.jpg


72から73㎜、というところか。この個体は飛んでいる最中から大きく見え、第一印象はマルタン
ヤンマか?と思ってしまったほど。「オオエゾトンボ」というかつての名前に相応しい。

比較のために一緒に並べてみる。

a0126535_1114423.jpg


こうして見ると、その大きさの差は数字以上に実感できる。

体長差が著しい昆虫はクワガタやカブトムシが有名で、幼虫時代の餌環境が原因しているとされてい
る。トンボの場合はどうなのだろうか。何かの図鑑で、エゾトンボは幼虫時代を1年多く経た個体が
大型化(いわゆるオオエゾ型)するというのを読んだことがある。同じ産地内でも二つのパターンが
存在するとすれば、研究テーマとしては面白いと思う。
[PR]

by brunneus | 2013-08-24 01:18 | 茨城 | Comments(2)
2013年 08月 22日

らしさ

8月上旬。

7月末の天候不順も一段落したので、恒例の千葉へネアカヨシヤンマを見に行く。
いつもの電車に乗り、いつもの駅で降り、いつものタクシーの運チャンの車に乗り、ポイントへ。

16時。太陽は大きく西に傾いているが日差しはまだまだ強烈だ。木陰で長靴に履き替え、林の中を
分け入り、いつもの場所へ。

ポイントは蝉時雨の中、寂しげにチョウトンボが舞うだけでヤンマの姿は見えない。当たりの日には、
この時間帯からちらほら飛ぶのだが、、、。今日は外れ日か?

だいぶ待った頃に、上空にヤンマの影。
a0126535_1357226.jpg


すらりと伸びた腹部、褐色の翅。間違いなくネアカヨシヤンマだ。
飛び始めたか?と戦闘態勢に入るも後が続かず、やはり今日は外れか、、、と諦めかけた頃。
ふと隣接した湿地の上を見ると、ヤンマの影がいくつも旋回しているのが見えた。薮をかき分けて踏み
込んで唖然。

頭上を無数のヤンマが群れ飛んでいた。
主体はもちろんネアカヨシで、時間が進むにつれ、ギンヤンマが増えてくる。狭い空間での立ち回りに
苦戦しながらも、夢中で竿を振り回す。

18時半。
まだヤンマは飛んでいたが、両腕がぐったりと疲れたのと、気持ちが満足したので収竿。一面蒼くなっ
た風景の中を、駅へと向かった。確実に日は短くなっている。


ネアカヨシヤンマ♂:体長79mm
a0126535_1445925.jpg

同♀:体長80mm
a0126535_1464725.jpg


手にした♂はどれも翅が褐色に煙り、老熟がかなり進行していた。
個人的には、羽化したての新品よりもこのように老熟して色がくすんだ個体が、ネアカヨシヤンマらし
いと思う。これはトンボに興味を持ち始めた頃に目にした図鑑の影響が大きいのかもしれない。

その図鑑とは「山渓カラーガイド 日本のトンボ」(1973年、石田 昇三 、浜田 康著)というハン
ディな図鑑で、大きく写されたトンボの写真に、そのトンボにまつわる著者の個人的な思い出が綴られ
た形式になっていて、飾り気の無いその文章がまたいいのだ。
掲載されているトンボは著者らが在住している西南日本のトンボが中心で、当時まだ憧れのトンボであ
ったカラスヤンマ、イリオモテミナミヤンマ、トビイロヤンマなどの写真を穴が空くほど眺めた記憶が
ある。
当然、憧れのネアカヨシヤンマも載っていて、木陰で静止している、全身が色褪せ翅も白茶けた老熟し
た♂の写真の、他にはない重厚な雰囲気に圧倒された。1973年といえば今から40年前だが、既に
当時でも稀種となっていたらしく、筆者の再発見の喜びや、苦労して観察した経緯などの文章を読み、
まだ見ぬネアカヨシに思いを馳せていた。

今でこそ、「行けば採れる」トンボになってしまったが、褐色に煙った翅を見るたびに、当時の新鮮な
気持ちを思い出す。
[PR]

by brunneus | 2013-08-22 14:37 | 千葉 | Comments(0)
2013年 08月 20日

向いてない

ここ数年出会いを求めているヒゲナガカミキリ。
カミキリ屋からしてみれば、「何故ヒゲナガ?」となる所だが、黒光りする大きな体、湾曲した前脚、
そして太く長大な触角など、個人的には魅力満載のカミキリなのだ。

出会いを求めていると言っても、トンボの合間に年に1、2回行くくらいで、お世辞にも本気で狙っ
ているとは言えない状態なのだが、、。
しかしさすがに自力での発見には限界を感じたので、今年は気鋭のハンター、Kくんに助けを求めた。
彼は今年はヒゲナガカミキリと同じ山に棲息するヨコヤマヒゲナガカミキリを狙って毎日のように通
い、相当採っていると聞く。あわよくばヨコヤマのおこぼれでも、、と淡い期待もする。

集合場所で合流後、挨拶もそこそこにポイントを巡る。
ただでさえ運動不足なのに加え、山登りなどここ15年以上したことがないので、通いなれた山を熟
知し、まさに天狗のように縦横無尽に駆け巡るKくんに付いていくのが精一杯だ。
しかも既にKくんはヨコヤマを数匹採っているという。

頂上まで一往復したところでバテた。
「有望ポイントで待つ」という言い訳をし、ポイント近くで休憩。Kくんは山中で偶然出会った友人
と共に、足取りも軽く山頂へと去っていった。ポイントは足場が悪く狭いので、近くのベンチで涼み
ながら、時々ポイントに様子を見に行く、という怠けた作戦を取る。
数時間後、Kくんが現れた。なんと、さっきチェックしたはずのポイントでヨコヤマを採ったという。

なんというか、行動力、体力もさることながら、Kくんは虫の方から進んで採られに行っているので
はないか、と思うほどの引きの強さを持っている。本人はどこまで自覚しているかは分からないが、
本能というか、嗅覚というか、そういうものが優れているのだ。動物的、という言葉がぴったりくる。
本気でやっている虫屋というのは、みんなこういうものなのだろうか、、。

結局、この日はヨコヤマを見つけられないまま、夜の部に突入。
昼間の疲れのせいで、足取りはフラフラだが、「ヒゲナガはあちこち付いてますよ」というKくんの
言葉に自分を奮い立たせ、灯火を巡る。ヒゲナガのホストであるモミを一本一本ライトで照らしなが
ら巡るが、らしきシルエットは無い。
「いましたよ」Kくんの声に照らされた先を見ても、何も見えない。あっさり諦め、Kくんに長竿を渡
して採ってもらった。モミの幹の遥か上、6mの竿でぎりぎり届く距離だ。
手にしたのは小型だが、紛れもなくヒゲナガカミキリの雄。数年振りの願いが叶った。
その後は大きなミヤマクワガタ雄を採ったりと嬉しい出会いはあったが、ヒゲナガの追加は得られず
にタイムリミット。

成果の一部を掲載。

ヒゲナガゴマフカミキリ♀
a0126535_22461937.jpg


多産、とまでは行かないが、あちこちで姿を見た。やや小型のカミキリで、〜ゴマフと名の付くカミ
キリの中では綺麗な方だ。

ミヤマクワガタ♂
a0126535_22404620.jpg


灯火近くの立木に付いていた。Kくんと同行の友人は「デカイ!」と興奮していたが、こんなものな
のか、、。これくらのサイズは青梅で結構採れた気がする。「70ミリは行ってますよ!」と興奮気
味な二人の言葉を思い出し、計測してみると69ミリ。残念。

ヒゲナガカミキリ♂
a0126535_22441879.jpg


数年越しで狙っていた虫。前脚の湾曲に加え、ブラシのような毛が密生した大きな符節も魅力。



それにしても、「こちらへ向かって来る相手を採る」というトンボの採集法に慣れ親しんだ身として
は、「じっと隠れている相手を歩き回って探す」という甲虫の採集法はつくづく向いていないことを
痛感した。見えない相手をあてどなく探して歩いているとすぐに飽きてしまい、しまいにはどうでも
良くなってしまうのだ。
ということは、甲虫だけでなく、トンボや一部の昆虫を除いた殆どの昆虫採集が向いていない、とい
うことなのだろう。虫屋に本物も偽物もないと思うが、こう考えると、自分は本物の虫屋ではないの
だな、という気がしてくる。たぶん昆虫以外の部分の関心事がありすぎるのだ。


何はともあれ、いきさつはともかく、ヒゲナガカミキリに出会えて良かった。
[PR]

by brunneus | 2013-08-20 23:04 | 東京 | Comments(0)
2013年 08月 17日

北関東トンボキャラバン・外道

北関東トンボ採集行のおまけ。

ハッチョウトンボの湿地を彷徨っている間、足元からハラハラと何頭も飛び出してきたのがこの虫。


ツノトンボ雌:体長35mm
a0126535_0585830.jpg


今までツノトンボは偶然見かける程度だったが、一箇所で多数の個体を見たのは初めてだ。ハッチョウ
トンボの生息地は、ツノトンボにとっても良い環境なのだろうか。

見た個体はどれも雌ばかりで、水際の草にじっと静止しているものが多かった。
手にしてみると、先日のオキナワツノトンボよりかなり大きく重量感があり、その充実した存在感に
思わず見入ってしまう。

こういう副産物があることも、遠征の魅力のひとつだと思う。
[PR]

by brunneus | 2013-08-17 01:03 | 茨城 | Comments(0)
2013年 08月 11日

北関東トンボキャラバン・その2

ハッチョウトンボの湿地では、目が慣れてくると雌もぽつぽつ見つけられるようになった。雄の警護を
受けて産卵する個体や雌雄連結体、強い日差しに腹部を立てて止まる個体など見ていて飽きない。

ハッチョウトンボ雌:体長18mm
a0126535_233163.jpg


ひととおり採集、観察して二人共に満足、次のポイントへ車を走らせた。
本来このポイントは予定になかったのだが、時期がピークを迎えていることと、当初予定していたポイ
ントの途中に位置することから、急遽スケジュールに編入。

ポイント近くに横付けし、期待に胸を膨らませながら、涼しげな木陰を流れる水面を見る。いた!

ハネビロエゾトンボ雄:体長63mm
a0126535_287100.jpg

今年も相変わらず個体数は多く、安心。
時間が押していることもあり、後ろ髪を引かれながら、最終目的地へ。

西日を受けて輝く褐色の翅をイメージしつつポイントに近づくと、なにやら怪しい雲行き。不穏な風が
吹き荒れ、今にも大雨が降りそうな天候になっていた。風が強い日は、風よけになる木立に囲まれた空
間を飛ぶと踏み、思い当たる場所へ。既にあたりは薄暗く、やっぱり駄目か、、と諦めかけたが、視界
の隅の木陰にきらっと光る翅を見た気がした。慌てて急行すると、頭上を忙しなく旋回する中型トンボ。
間違いない。

薄暗い空間を、不規則に周囲をぐるぐると飛び回るので狙いを付けるのに苦戦したが、明るい空が背景
になった瞬間に竿を振り抜く。快音!

エゾトンボ雌:体長67mm
a0126535_2243812.jpg


これは他にもいるかも、、と周囲を歩き回ると、やはり近くに雌雄1頭ずつを発見。直後に大粒の雨が
降り始め、採集終了。


電車だと3日に分けて訪れなければいけないポイントを、1日で消化できてしまうのは、やはり効率的。
しかしハネビロエゾトンボとエゾトンボは消化不良気味なので、近いうちに再訪することになるだろう。

長時間の運転をしてくださったS氏に感謝。
[PR]

by brunneus | 2013-08-11 02:32 | 茨城 | Comments(0)
2013年 08月 04日

北関東トンボキャラバン・その1

8月。
7月はどうしても仕事とトンボの折り合いが合わず、遠征後は殆ど採集に行けないまま、シーズン後半
戦に入ってしまった。
採りこぼしのトンボが手からぽろぽろとこぼれ落ちてゆくなか、今年はどうしても採りたいトンボがあ
る。そのひとつがハッチョウトンボだ。

言わずと知れた、世界に誇るトンボ界最小種だが、南関東から姿を消して久しい。このトンボに出会お
うとすると、一番近い産地が関東北部なのだ。しかし、聞く話によると、産地は徒歩ではとうてい辿り
着けそうにない場所にあるらしい。

様々なタイミングと利害が一致し、今回は仲間のS氏と車でご一緒させて頂けることになった。
産地は噂通りの僻地にあり、その環境はまさに図鑑通りの風景。しかし荒れ地に点在する湿地をいくら
歩き回っても姿は見られない。
炎天下で意識が朦朧としてくるなか、遠くからS氏の呼ぶ声。行ってみると、少し大きめの湿地のあちこ
ちに、小さく可憐な赤色が!

a0126535_011025.jpg


ハッチョウトンボ雄:体長19mm
a0126535_023342.jpg


10年振りに手にするハッチョウトンボは、とにかく小さい!小さすぎて、収納に苦労するほどだ。
それにしても、広大な荒れ地に点在する湿地の中で、ごく狭い区域にしか見られないのは何故だろう。人
間の眼にはどこもまったく同じように見える。しかし思い返してみれば、固まって見られた区域は、天敵
であろうシオカラトンボが他とくらべて少なかった。シオカラトンボの捕食圧、このあたりに理由がある
のかもしれない。
[PR]

by brunneus | 2013-08-04 00:08 | 茨城 | Comments(0)