トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 06日

相性

トンボをやっていると、特に根拠はないが、
相性のようなものを感じる時がある。

相性がいい例。
トラフトンボの無斑雌。
相性が悪い例。
挙げればきりがないが、このアオサナエ雌もそのひとつ。

アオサナエ雌:体長55mm
a0126535_0155390.jpg


採る人は、大した苦労もせずにぱっとネットインしてしまうが、
自分の場合は、まず出会えない。
この前の埼玉の川でも、夕方まで粘ったが、結局出会えず。

しかし、今回のキイロヤマトンボの川では、早朝にふとしたタイミングで採れてしまった。
アオサナエはここでは外道。
やはり、アオサナエに対する「殺気」が弱かったからなのだろうか、、。

何年振りの再会だろう。
独特の、重量感がありつつシャープな腹部のラインは、いつ見てもいい。
[PR]

by brunneus | 2010-07-06 00:21 | 茨城 | Comments(0)


<< タイミング      似ているようで >>