トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 19日

黄色と黒

最近、新しいネタが無い、ということは
新しいフィールドに出ていない、ということ。
天気がいいのに、、、。

というわけで、しつこく先日の長野の画像を引っぱり出す。

当地で見られる2種のサナエトンボ、メガネサナエとミヤマサナエ。
素人目だと、どちらも同じようなトンボに見える。

上:メガネサナエ 下:ミヤマサナエ
a0126535_233958.jpg

a0126535_235417.jpg


図鑑にはああだこうだ書いてあるが、いざ野外で出くわすと、
経験が無いと、なかなか分からないものだ。
2種同時に手にできれば比較できるが、そんなことは滅多にない。

そこで一瞬で分かる見分け方を紹介。方法は簡単。裏返せばいいのだ。

上:メガネサナエ 下:ミヤマサナエ
a0126535_26368.jpg

a0126535_27082.jpg


黄色がメガネ、黒がミヤマ。
腹部裏面が黄色いのは、国内のサナエトンボでは
メガネサナエ(Stylurus)属だけだ。

ただし、国内のメガネサナエ属は3種いて、この同定が相当難関なのだが、、、。
[PR]

by brunneus | 2011-09-19 02:11 | 長野 | Comments(2)
Commented by 蝶鳥蜻蛉 at 2011-09-19 22:40 x
台風前の僅かな晴れ間を期待してメガネサナエ属完全制覇と云う無謀な野望を抱いて朝6時に名古屋から名神高速に乗り一路西を目指しました。結果はナゴヤ2♂1♀、メガネ3♂、オオサカ1♀、雄雌通して制覇とはいかずも、ナゴヤ三連結、オオサカ休息場所の新発見とラッキーな一日でした。
Commented by brunneus at 2011-09-19 23:52
蝶鳥蜻蛉さま
コメントありがとうございます。
一日でメガネサナエ属制覇とは、羨ましい限りです!
関東在住者としては、到底できない芸当です(笑)
僕は今年は行っていませんが、知人によると今年はオオサカサナエは少なかったようですね。そんな中雌を得られているのはお見事です。休憩場所というと、あのあたりかな、、、。
関西といえばナニワトンボやマダラナニワなど、魅力的なトンボもたくさんいますね。
僕が近年狙っている、オオルリボシヤンマの青型雌が関西は多い、という話も聴いたことがあります。
関西、、、、。
いつかはしっかりトンボ採りで訪れてみたいものです。


<< 黄色と黒・その2      埼玉の秋 >>