トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 16日

春のギンヤンマ

春から初夏にかけて、木陰のある池に行くと必ず見られるヤンマがこれ。

クロスジギンヤンマ雄:体長75mm
a0126535_2202549.jpg

a0126535_2204789.jpg


大きさはギンヤンマくらいだが、鮮やかな青色をちりばめた腹部がお洒落。
青味を帯びた複眼は国産のギンヤンマ属では唯一、クロスジギンヤンマだけの特徴だ。

a0126535_2323266.jpg


トンボをまだ始めていなかった学生時代。
大学からの帰宅途中に、新宿の実家近くの公園の広場を歩いていると
突然頭上からふらふらと落下してきたのが、このヤンマとの最初の出会い。

当時はトンボの知識は皆無に等しかったので、腹部の鮮やかな青色を見て
「ルリボシヤンマだ!」と一人興奮したのだった。

トンボを始めてみるとこのヤンマは行く先々で出会うので
今ではすっかり有り難みが無くなってしまったが、
初めて出会った時の感激は、忘れないようにしたいものだ。

クロスジギンヤンマは小規模な木陰のある池を好む。
都内にも都心郊外問わず、まんべんなく生息している。
小さな個人宅の池や、規模が小さい公園の池、貯水槽などに多く、
それらの小さな発生環境を点々と移動しながら世代を繋いでいるのだろう。
住宅密集地にも適応した、都市型ヤンマとも言える。

逆に、メジャーな存在であるギンヤンマは開放的な大きな池を好むので、
むしろ都心部では産地は少ない。

普通種なので、どうしても軽視しがちでまともな写真が無かったのだが、
今年はしっかりと撮影できた。
本当は雌も狙っていたのだが、ついに出会うことは叶わなかった。
雌はまた来年の課題だ。
[PR]

by brunneus | 2012-06-16 02:39 | 東京 | Comments(9)
Commented by Mくん at 2012-06-16 10:08 x
「オオルリボシヤンマ!」って思っちゃったんですね。
僕もかけ出しの頃(??)、初めて葦原を飛んでるのを見たときは「(憧れの)マダラヤンマ!?」とか思っちゃいました(^^;)
見たのGWなのに。。。
青色が入るトンボは綺麗ですよね~。
Commented by brunneus at 2012-06-16 11:35
Mくん さん
当時は「オオルリボシヤンマ」の存在も知りませんでした、、。
新宿のど真ん中の公園に、しかも春にルリボシなんている訳ないですよね(笑)マダラヤンマを知っていたMくん さんは、一歩リードですね(笑)
それにしても週末悪天にはまいりますねー。あのトンボのシーズンも終わってしまう、、。


Commented by Rちゃん at 2018-07-04 10:13 x
突然すいません。
この、ギンヤンマの写真を提供してもらうことは、可能ですか?
Commented by brunneus at 2018-07-04 13:43
Rちゃんさん
初めまして。

個人で楽しむ限りにおいては、画像をダウンロードすることは構いませんが、何か印刷物やネット内での転載、公の場での使用の場合はご一報ください。

Commented at 2018-07-07 16:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by brunneus at 2018-07-08 13:23
Rちゃんさん

掲載の件、了解しました。
シオカラトンボ、ショウジョウトンボの写真も探してみましたが、
残念ながらお渡しできるクオリティのものが見つかりませんでした。お力になれずすみません。

トンボの写真が綺麗なサイトは他にも沢山あるので、良い写真が見つかるといいですね。
Commented at 2018-07-09 09:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by brunneus at 2018-07-09 22:03
Rちゃんさん

本名は個人情報的に避けて頂きたいので、
名前は、brunneus でお願いします。

宜しくお願いいたします。
Commented at 2018-07-17 09:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< やっと!      意外と少ない >>