トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 26日

最難関

「関東周辺で一番採るのが難しいトンボは?」
と聞かれれば、トンボ屋ならまず「マダラヤンマ雌!」と答えるだろう。

採るのが難しい原因は色々あるだろうが、個人的には、やはり環境の広さに対して個体密度が低いこ
とが大きいのではないかと思う。

広大な湿地の中を、いつ現れるとも知れない一頭の雌を求めて一日中歩き回る。他地方の多産地なら
ともかく、関東ではこういった苦行のような採集スタイルしか方法がないのだ。
仲間内でも、シーズンになれば「今年は誰が採った、誰が採れなかった」という話題で持ち切りにな
る。狙っても採れないのがマダラヤンマの雌だ。


そして数日前。久々にマダラヤンマの雌を手にすることができた。


マダラヤンマ雌:体長65mm
a0126535_142850.jpg


前回マダラヤンマの雌を手にしたのはいつだろう。
記録を遡ってみると、2007年だった。実に6年振り、ということになる。始めのうちはそれなり
に期待して産地へ赴いたものだが、あまりに成果が出ないと次第に諦めが入ってきて、ここ数年はお
世辞にも真面目に狙った、という状態ではなかった。

しかし出会いというのは突然やってくるもの。
6年振りに手にした雌を眺めながら、真面目でも不真面目でも、「行かなければ採れない」という鉄
則をひしひしと噛み締める。
[PR]

by brunneus | 2013-09-26 01:23 | その他 | Comments(2)
Commented by Mくん at 2013-09-26 07:04 x
GETしたんですねー!
先をこされました(^^;)
きれいな青雌だなぁ。
僕も頑張ります!。。。が今年は出会いが無く、今一不安。。。
#コメント入れれた(^^;)オニヤンマの記事は吹き出しました(^^)
Commented by brunneus at 2013-09-26 23:38
Mくんさん
今年採れたということは、この先6年採れない、
ということでもあります、、(笑)
数々のミラクルを起こして来たMくんさんの引きの強さなら
大丈夫だと思います!


<< ド老熟      採りもらし >>