トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 27日

滞りなく

若夏の亜熱帯から戻ると、関東の春は一気に進んでいた。

今年の春は早い。例年だとあと3日ほど待つ所なのだが、様子見も兼ねて、千葉の沼を訪れてみた。
現地着時間から逆算すると、とんでもない早起きになるのだが、まあ仕方ない。

眠い眼を擦りながらタクシーを降りると、懐かしい泥水の臭いが鼻をくすぐる。

a0126535_23465289.jpg


水面を見ても目的のトンボの姿はない。当然だ。生殖前期のこの時期は、雄は水面ではなく、周囲の空
き地を飛んで雌を待つのだ。

そのまま池を通り過ぎて、薮に囲まれた草地へ入ると、早速目の前を雄が旋回。そしてその上をふらふ
ら飛ぶのは、、、

a0126535_23472437.jpg


トラフトンボ雌。
腹部はぼってりと重く、複眼は鶯色。既に成熟している。早速周囲を探索すると、あちこちで雌に遭遇。
しかし、まとまって飛ぶ場所が今年も見当たらず、足で歩いて稼ぐ採集となった。
淡い期待を寄せていた他の役者は、はるか上空にアオヤンマ未熟雌が一頭、サラサヤンマは姿を見ずだ
った。ヤンマを見るにはほんの少し早かったのかもしれない。

今日見たトンボは、トラフトンボ以外は前述のアオヤンマ一頭とクロイトトンボ、ウスバキトンボが一
頭のみ。トンボ相が豊かな沼なのだが、毎年この時期はトラフトンボのみが突出しているのが面白い。
熾烈な種間競争を時間差で勝ち抜くための知恵なのだろうか。

何はともあれ、今年も滞りなくトラフトンボに出会えて、ほっとした。
当たり前のトンボが、当たり前のように飛ぶことの有り難さを、近年は特に痛感している。












_
[PR]

by brunneus | 2016-04-27 23:57 | 千葉 | Comments(0)


<< 4月のヤブ      ご当地2種 >>