トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 25日

真紅

ここ数日、この零細ブログに謎のアクセス急増現象が起きている。
内容に噛み合わないアクセス数なので、ブログのシステム不具合か、新手のDoS攻撃の一種、というこ
とにしておこう。

昨日。
今にも雨が降りそうな空模様だったが、こんなときにしか行けない場所へ。
狙いはオオイトトンボ。昨年に続き2回目の挑戦で、昨年はオオイトトンボと思って持ち帰ったイトト
ンボが、ムスジイトトンボに化ける、という失態を犯している。
14時半。ポイントに着くと、オオイトトンボどころかイトトンボ自体全く見つからない。ウチワヤンマ
すら姿が見られず、岸辺にはコフキトンボばかりが目立つ。
仕方がないのでターゲットをコフキトンボのオビ型雌に切り替えて探索。

雌はこういう場合、雄で賑わう岸辺で待つよりも、岸から離れた草むら、雄が寄り付かない薄暗い池な
どを探す方が効率が良い。
心当たりを探すと、鮮やかな紅色の翅が目に飛び込んできた。

a0126535_11223567.jpg


この個体を皮切りに、あちこちでオビ型を見つけることができた。
関東南部では、オビ型には殆んど出会ったことがない(真面目に探していないのもある)が、この日はや
けにオビ型が目に付いた。

艶やかな真紅の翅脈がとても美しく、是非とも撮影したかったトンボだ。

いっぽうのオオイトトンボ。
イトトンボはいつでも活動していると思っていたが、曇天の夕方は不活性なようだ。
また天気の良い日に出直すことになるだろう。






.
[PR]

by brunneus | 2016-06-25 11:35 | 東京 | Comments(0)


<< 時代は変わる      相似 >>