トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 30日

6月のネアカ

梅雨の晴れ間に、ネアカヨシヤンマの産地に行ってきた。
例年はもっと遅い時期に行くのだが、今回はネアカヨシヤンマの若い個体の摂食飛翔を見るのが目的。
若いネアカは、日中に空き地などの上をゆるやかに旋回しながら摂食するという。
黄昏時の、薄暗い湿地の上を縦横に飛び交う姿しか見たことがないので、日中に飛ぶネアカというのが
どんなものなのか、興味があったのだ。

ポイントには昼過ぎに到着。
枝という枝、至る所に止まっているチョウトンボを横目に、ネアカを探す。

a0126535_0513750.jpg


草いきれにむせびながら、あちこち探索するが、いくら待ってもネアカらしき姿は見えない。
集中力が切れたので、ターゲットを変更。

岸辺の草の間を覗き込み、目的のトンボを探すが、こちらも姿が見えない。ここで深呼吸。
視点を変えるために、思い切って岸辺から入水し、息を整えてあたりを見回すと、そのトンボはすぐ目
の前の草にひっそりと止まっていた。

a0126535_0574838.jpg

オオモノサシトンボ。
今の所、産地が非常に限られる種とされているが、流行りのDNA解析の結果、モノサシトンボと同種に
されてしまいそうな立場のトンボだ。さらに見回すと、すぐ足元にも。

a0126535_111170.jpg

未熟個体独特の、赤みがかった体色が魅力。

その後も探索すると、あちこちでかなりの数のオオモノサシトンボを見ることができた。もう一種のご
当地トンボであるオオセスジイトトンボは、雌を2個体みただけに終わった。たぶん探しかたが悪いの
だろう。

日も傾いてきたので、黄昏飛翔が見られる湿地へ移動。森の中に入ると、あちこちに鮮やかな赤色が。

a0126535_143411.jpg

ベニイトトンボ。ここでは年々増えているらしい。

そして黄昏。
時々飛来するアオヤンマに付き合いながらネアカが飛ぶのを待つが、この日は活性が鈍いのか、不発。



a0126535_17644.jpg


かろうじてネットに入れたネアカを手に取ると、既に翅が褐色に煙った老熟個体だった。6月でこの状
態のものがいるとは、予想外。
数が多かったアオヤンマは、まだ鮮度を保った状態だ。

オオモノサシトンボを近年姿を見ないと思ったら、どうやら時間帯が悪かったようだ。
通い慣れた場所でも、普段行かない時期、行かない時間帯に訪れると、いろいろな発見があって刺激に
なる。次は南方からの帰宅後に訪れてみよう。








.
[PR]

by brunneus | 2016-06-30 01:11 | 千葉 | Comments(0)


<< 南ぬ島・その1      時代は変わる >>