トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 26日

雌の日

東北から関東に戻って最初のターゲットは、今年はハネビロエゾトンボにした。

ハネビロエゾは昨年、悪天の中でも充分活動していたのを見て、全天候型のトンボだということを知
った。今回も、休日悪天。怪しい空模様だが、飛んでくれていることを信じて電車に乗った。

ポイントには午前10時半に到着。到着と同時にザーっと雨が降り出す。これには参ったが、諦めず
に雨宿りしながら水面を見つめる。

しばらくすると雨は小降りになった。時を同じくして、下流方面からまず雄が通過。よい兆候だ。木
陰を出て、周囲を探索。まだぽつぽつ雨は降っているが、少ないながらも雄は活動を始めている。

10時56分。
上流側で、雄とは違う動きをする個体を発見。駆け寄ると、足元でのんびりと打水する姿。そっと網
を被せる。

a0126535_22222363.jpg

ハネビロエゾトンボ左:雄 右:雌

この日は、この個体を皮切りに10分から20分おきに産卵する雌が飛来する、近年にない当たり日
となった。雄はたまに通過する程度の少なさで、このあたりが雌が多く見られた原因だろう。雌は雄
の動きをよく見ている。

結局、この日は天候が回復することはなかったが、このポイントは本当に期待を裏切らない。
妙な開発などせずに、末永く現在の状況が存続してくれることを祈ろう。







.
[PR]

by brunneus | 2016-08-26 22:31 | 栃木 | Comments(0)


<< 雌の日・その2      バクダッド・カフェ >>