トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 30日

秋へ

三つ子の魂百まで、というわけではないが、トンボ心(?)が付いた頃に強烈に記憶に刻まれたトンボ
は、いつまで経っても色褪せることはない。
自分の場合は、カラスヤンマ、ミナミヤンマ、ネアカヨシヤンマ、トビイロヤンマ、そしてマルタン
ヤンマがこれに当たる。
知識や経験を重ね、「採れるトンボ」となったあとも、毎年シーズンになると、棲息地に足を向けず
にいられないのだ。


8月中旬の数日、未だ採集できていないマルタンヤンマ雄の老熟個体を見に、馴染みの谷へ通った。
天気はずっと不安定で、すっきり晴れた日は殆どない。

谷はツクツクボウシの乾いた音で満たされ、池の上をぐるぐると旋回して縄張りを張るイチモンジセ
セリ。谷の風景は秋に移り変わっていた。

そして空を見上げると、褐色のスリムなヤンマが一直線に飛び去る。

a0126535_23355718.jpg


マルタン雄は、今年も変わらずに姿を見せてくれた。

天気のコンディションが悪い日も、雨さえ降らなければこの時期のマルタンは飛ぶ。しかし、快晴微
風の日でも不活発な場合があるのが不思議だ。

太陽が西の尾根に沈む頃、頭上低くを、マルタン雄がまるで戦闘機のように飛び交う光景は、いつ見
ても全身の血液が沸騰する。
そしてこの光景を見て、心と身体が完全に秋に切り替わった。

意識は、北の大地へ、、。







.
[PR]

by brunneus | 2016-08-30 23:37 | 東京 | Comments(0)


<< 最後の砦      雌の日・その2 >>