トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 10日

二連敗

一週間前の状況が信じられなくて、再び長野へ行った。

結果は、オオルリボシヤンマの雄の個体数は増えていたが、雌が相変わらず少ない。晴天で気温も高い
状態で雌がやって来ないのは不可解だ。仮に冬に水抜きされたり、水草を抜かれたりされたとしても、
他の地域から充分な数の個体が飛来するはずで、移動するのにちょうど良い池も周囲にある。何より雄
がいつも通り飛んでいるのに、雌だけが見られない理由がわからない。産卵基質はいくらでもあるのだ。

早々にポイントを後にし、メガネサナエの川へ。ここに初めて来た時は、その個体数の多さに感激した
のだが、近年めっきり数を減らした。情報を集めてみると、近隣の川では数が減っているようなことは
無いようなので、何らかの変化があり、この川のポイント力が失われつつあるのかも知れない。また新
たな場所をさがさねばならない時期に来ている、ということだろう。この日も、散々歩いて雄がひとつ、
という状態だった。
もっとも、メガネサナエの時期はもう末期なので、少なかった理由はそのせいもあると思う。

この日採集した3種。

a0126535_013758.jpg

上左:メガネサナエ雄 上右:ミヤマサナエ雄 下:マダラヤンマ雄

数年ぶりに、このポイントでマダラヤンマを手にできたことが、唯一の救いとなった。

長野は良い印象しかなかったのだが、こう負けが続くと、今後は足が遠のいてしまいそうだ。








.
[PR]

by brunneus | 2016-09-10 00:03 | 長野 | Comments(0)


<< 萌え      完敗 >>