トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 28日

里山三種

昨日。
午前中の仕事が終わり、ふと外を見ると日差しが。まるで梅雨に逆戻りしたようなこの秋では、貴重な
晴れ間。大慌てで準備して電車に飛び乗った。

向かったのは埼玉の里山。道中はまだ日差しがあったが、ポイントに到着すると同時に真っ黒な雲が頭
上を覆い始めた。毎度のパターンなので動じることもなく、淡々とポイントを巡る。淡い期待をしてい
たタカネトンボは全く入らず、曇天でも元気に活動するはずのルリボシヤンマも、姿を見せない。

背後でぽつりと鳴くツクツクボウシの音を聴いているうちに眠くなってきた。一種の催眠効果があるの
だろうか?
眠気覚ましに細流の袂まで歩くと、薄暗い木陰を一匹のヤンマがゆらやらと舞っている。頭上の枝に止
まったところを掬うと、それは老熟したミルンヤンマ雌だった。

黄昏の谷津は、水蒸気で白く霞んでいる。
そろそろルリボシヤンマの雌が産卵に入る時間だが、これも一向に入る気配がない。谷全体にトンボの
姿が少ない気がする。よい感じの湿気だと思うのだが、、。

いよいよ雲が低く垂れ込めてきて、一雨来そうだったので、撤収。
荷物を担いで谷の出口まで来たところで、脇の水溜まりの上を灰色のヤンマが忙しなく飛んでいる。
ルリボシヤンマ雄、、。

a0126535_9213947.jpg


帰りにまともに撮影できていないミヤマアカネを摘まんで帰宅。
午後の短時間で、しかもトンボが不活発なコンディションだったが、秋の里山に相応しいトンボ3種を
手に出来て満足。

マダラヤンマだ、スナアカネだ、と騒ぐのも良いが、こういう身近な普通種を愛でる気持ちを大切にし
たい。、、ということを書いて、遠征に出られない自分を慰めている。






.
[PR]

by brunneus | 2016-09-28 09:28 | 埼玉 | Comments(0)


<< 終わりよければ      複眼の個性 >>