トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 24日

ハネビロ系

その名の通り、翅が幅広く細長いハネビロトンボ。

a0126535_914910.jpg

上左:ヒメハネビロトンボ雄 上右:コモンヒメハネビロトンボ雄 下:ハネビロトンボ雄

翅が大きく発達するということは、長距離移動に適している証拠。実際に、ハネビロトンボ類は本来の
生息地から遥か遠く離れた場所で採集されることが多々ある。数年前に立川に飛来したことは記憶に新
しい。

この仲間の本拠地と言えるのは熱帯から亜熱帯の地域で、国内では南西諸島がそれにあたる。
しかし面白いことに、この3種のハネビロには勢力圏があり、ハネビロトンボは沖縄本島以北に多く、
八重山では見たことがない。逆にヒメハネビロトンボは八重山諸島限定だ。コモンヒメハネビロトンボ
はどこでも少ないが、どちかかというと沖縄諸島以北で多く見かける。

ヒメハネビロトンボとコモンヒメハネビロトンボは亜種関係にあるらしいが、ヒメハネビロは八重山以
外には殆ど出ず、逆にコモンヒメハネビロはむしろ遠方での記録が目立つのが不可解だ。同じ種の中で
移動志向とそうでない集団がいるのは何故か?ハネビロトンボを含めた棲息環境をめぐる優劣の関係は?

ハネビロトンボ類は、面白いテーマが沢山詰まったグループなのだ。






.
[PR]

by brunneus | 2016-11-24 11:03 | つぶやき | Comments(0)


<< サナエ三兄弟      北と南 >>