トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 12日

サナエ三兄弟

河川中流の中型サナエ三種。

a0126535_11323468.jpg

左から、ミヤマサナエ雄雌、オナガサナエ雄雌、アオサナエ雄雌

体の大きさも、棲む環境も似通った兄弟のような三種だ。三兄弟の中で一番良く見られるのがオナガサ
ナエ。アオサナエは生息地に行けばそこそこの個体数だが、ミヤマサナエはどこに行っても数が少ない。

鮮やかなグリーンに彩られたアオサナエはトンボを始めた当初から憧れだったが、オナガサナエやミヤ
マサナエの魅力に気付いたのはずっと後になってからだ。
もっとじっくり向き合いたいのだが、この二種の活動ピークである盛夏はヤンマにかまけてなかなか川
に行く機会がない。

滔々と流れる川面を縦横無尽に飛び回る中型サナエたち。来年こそは、気が済むまでその魅力を味わっ
てみたい。






.
[PR]

by brunneus | 2016-12-12 17:06 | Comments(0)


<< 冬が来る      ハネビロ系 >>