トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 31日

越年

新しい年を迎えようとしているが、9月に職場で拾ったトゲナナフシがまだ生きている。

a0126535_1958752.jpg


餌は近所で摘んできたヤツデの葉っぱのみ。1枚の葉っぱを概ね3週間ほどで喰うが、食べる量に比べ
て糞の多さに閉口。ずぼらな性格なので掃除が苦痛だ。しかし、葉の縁から円弧を描くように食べるさ
まを眺めるのは楽しい。
トゲナナフシはほぼ雌の単為生殖らしいが、尻から出て来るのは糞ばかりで卵が出て来ない。食べ物が
影響しているのだろうか。

冷え込んだ日には毛布に包んで保温するようにしているが、これが正しいのか分からない。しかしまだ
まだ元気なので、無事年を越せそうだ。
昆虫の飼育はあまりやらないのだが、成虫飼育で年を越すのは初めての経験。調べてみると飼育下で半
年ほど生きる個体もあるようなので、このトゲナナフシがどこまで頑張れるのか、見届けてみたい。









.
[PR]

by brunneus | 2016-12-31 20:09 | 東京 | Comments(4)
Commented by ミーハー at 2017-01-01 00:14 x
ヤツデで産まないなら野バラ、ヤマモモのヒコバエ(葉のやわらかそうなやつ)珊瑚樹の新芽、苺の葉とかいろいろミックスの餌にすれば合うのが見つかるかも…
もう時期的に成虫も成熟してるはずだし。
Commented by brunneus at 2017-01-01 00:56
ミーハーさま

あけましておめでとうございますー。
アドバイスありがとうございます。ヤマモモ、イチゴ、サンゴジュ、、。すみません。当方植物にはまるっきり疎いので、調べてみますね。
トゲナナフシは上記以外にも、コマツナなどいろんな葉っぱを喰うらしいので、試してみる価値はあるかもしれません。

もっとも、産卵しても、ずぼら飼育では幼虫を育て上げる自信は全くありませんが、、笑
Commented by ミーハー at 2017-01-01 09:27 x
あけましておめでとうございます(一応社交辞令で…)

ナナフシの幼虫飼育は食草の鉢植えに卵置いて放置が楽です。光と水だけで…
でも、幼虫育てなくても、卵が変わった植物の種みたいで、種類別の収集癖をそそるんですね~

成虫ならぱっと見区別は専門にしてないと見分けがつかないのに、卵は各々特徴的なんですよね~
Commented by brunneus at 2017-01-01 18:06
確かに鉢植えなら放置で大丈夫そうですね。

図鑑などでナナフシ類の卵の拡大写真を目にしますが、繊細で個性的な造形ですよね。
色彩や形態に色々なパターンがある、という現象はナナフシに限らずマニア心をくすぐります。昆虫趣味の醍醐味ですね!



<< 越年•その2      衝撃 >>