トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 12日

天の邪鬼

ずいぶん前、初夏の山原でのこと。
朝からスコールに降られてトンボは壊滅状態。することもないので、たまたま目に付いた路傍の朽ち木
を引っくり返してみると、小さなクワガタの雌が出てきた。なんだコクワガタか、、と捨てようとした
が、あまりに成果が無い日だったので、一応持ち帰ることにした。

それ以来、このクワガタのことは忘却の彼方へ消え去っていたのだが、つい先日、雑虫が入ったケース
をほじくり返していて再会した。
山原で採れたからリュウキュウコクワガタということになるのか、、と一応調べてみると、これが面白
い。

a0126535_1221889.jpg


まず、「コクワガタ」と名前が付くが内地の普通種コクワガタとは全く別種。むしろヒメオオクワガタに
近縁、ということらしい。言われてみれば、スリムな胴体と長い脚はヒメオオクワガタ的に見えなくも
ない。
そして奄美以南に3亜種分布していて、どの亜種も採集難易度がそこそこ高く、なかでも八重山亜種は、
国内産クワガタの最難関種であるという。

コクワガタと言えば、森で見つけても触りもしない空気のような存在のクワガタで、リュウキュウコク
ワガタもその一派、という認識だっただけに、この事実は軽い衝撃だ。

リュウキュウコクワガタは、コクワガタではない。

コクワガタを含む所謂ドルクス属は、絢爛豪華なオオクワガタやヒラタクワガタを含むが、調べてみる
と、ヤマトサビクワガタなどの小型のグループが面白い。雄の大顎の発達が悪く、一見すると雄雌区別
がつかない種はなおのこと面白い。他の属ではルリクワガタ、チビクワガタ、マダラクワガタ、マメク
ワガタなど、「クワガタなのにクワガタらしくない」という天の邪鬼的な要素に惹かれるのかもしれない。

次回はリュウキュウコクワガタの、クワガタらしくない雄と対面してみたい。





.
[PR]

by brunneus | 2017-03-12 12:49 | つぶやき | Comments(0)


<< 夢の渚      電気と蝋燭 >>