トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 07日

パイヌシマ2017・その2

南方遠征の難しい所は、まず第一に相手は自然なので、前回と同じ時期に行っても同じトンボに出会
えるとは限らないということ。さらに高温多湿な環境の中で、如何に採集したトンボの鮮度を保つか、
という点にも苦労する。

自宅に戻ると疲れた身体に鞭打って撮影に取りかかるわけだが、どうしても重要度の高い種から、、
となるので、その間に後回しにしたトンボの鮮度が落ちてしまうこともある。

今回の遠征でも、巡り合わせが悪く出会いがなかったものや、良い状態で撮影できなかったものを頭
に浮かべながら行動していた。

a0126535_2223198.jpg

上左:アメイロトンボ雄 上右:ヒメホソサナエ雌 
下左:オオハラビロトンボ雄 下右:ホソミシオカラトンボ雌 


ここに挙げたのは、そんなトンボたちの一部。

アメイロトンボは、山原の行きつけの水田では最近姿を見なくなった。昨年は八重山の既知の湿地で
複数飛んだが、成熟した雄はひとつ手にできただけで、あとは皆未熟個体だった。どうやら発生初期
にぶつかってしまったらしい。
今回は、なんと八重山の昨年訪れた湿地ではひとつも出ず。これにはがっかりしたが、渡った島で目
をつけていた海沿いの水路で複数の雄が飛び交っていた。
アメイロトンボは、痛みが早い。死後すぐに腹部の脂が表面に染みだしてきてしまい、今まで失敗を
重ねてきた。今回は最優先で撮影し、ようやく美しい飴色を写し止めることができた。

オオハラビロトンボも、山原ではちょっと山がかった場所ではどこにでも見られたが、最近は見かけ
なくなった。
昨年の八重山では雌は見たものの、雄は見ず。今回は数は少ないものの、ジャングルの中の小径でひ
っそりと枝に止まる姿をいくつか見た。久々の鮮やかな赤色が目に染みる。

ヒメホソサナエは八重山限定のサナエだが、行く場所が悪いのか、時間のせいか、まとまった数を見
たことがない。林道脇の草にぽつんと佇んでいるのをひとつ見る程度で、このサナエも痛みが早いの
か、腹部の黄斑がくすんでしまうことが多かった。今回は単発ながらあちこちで姿を見かけたので、
新鮮な状態で撮影できて満足。

ホソミシオカラトンボ雌。ホソミシオカラは山原では希で、当然ながら雄しか得たことがない。八重
山では雄はそこそこ見かけるが、雌は巡り合わせが悪く、7年前に偶然未熟個体を手にしただけ。今
回も偶然の産物だが、やっと成熟した雌をしっかり撮影できた。

その他では、オオメトンボはまたしても不作。アメイロが飛ぶ水路には必ず出る、と踏んでいただけ
に、大きな肩透かしを食らった。ミナミトンボも、夕方になるとあちこちで姿を見かけたが、タイミ
ングが悪く採集できず。

本命のトンボは今年も外してしまったわけだが、こうした小さな前進を実感できたので、それだけで
充分に満足なのだ。








.
[PR]

by brunneus | 2017-07-07 11:29 | 沖縄 | Comments(0)


<< パイヌシマ2017・その3      パイヌシマ2017・その1 >>