トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 19日

パイヌシマ2017・その7

亜熱帯でほっと一息つけるのは、日没後と夜、そして日の出前の僅かなひととき。山の尾根から太陽が
姿を現すと、あたりは熱と光の暴力的な世界へと一変する。

そんな灼熱の地獄から逃れるように、ジャングルに囲まれた渓流に駆け込んだ。足元の日だまりには、
コナカハグロトンボがちらちらと舞う。長靴を通して心地よく冷えた水の感触が脹ら脛に伝わってくる。
背後の斜面から響く、タイワンヒグラシのヒステリックな耳鳴りのような声を聴きながら石に腰を下ろ
して放心していると、目の前に黄色っぽい小さなトンボがふらふらと現れた。ヒメホソサナエだろうか。
正体を確認すべく、脇に置いた竿を手に取りトンボの動きを注視する。

トンボはさっと水面を掠めて再び舞い上がった。水飲み行動だ。まずい。このままでは飛び去ってしま
う。体勢が整っていなかったが、竿を振る。「かさっ」という微かな音。

頭の中にヒメホソサナエの雌のイメージを浮かべながらネットの中を覗き込んで、息を呑んだ。


a0126535_225181.jpg

サキシマヤマトンボ雌

去年、まぐれで雄を採った全く同じ島、同じ場所で、今度は雌を手にしたのだった。しかも今回手にし
たのはまだ未熟な個体。サキシマヤマの時期は既に末期のはずだ。さらに雄ならまだしも、サキシマヤ
マの雌なんて、どこでどうやって採ればよいのか見当もつかない。
このことは何度も書いているが、幸運とは、全く予想もしない時にひょっこりと目の前にやってくるも
のなのだ。

今回の最大の目標、イリオモテミナミヤンマは最後まで姿を見せなかったが、サキシマヤマトンボの雌
と出会えただけでもう充分。これ以上の成果を望むのは欲張り、というものだ。

八重山最高!









.
[PR]

by brunneus | 2017-07-19 22:18 | 沖縄 | Comments(0)


<< パイヌシマ2017・その8      パイヌシマ2017・その6 >>