トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 14日

様々な情報の流通が年を追うごとに増大しているが、トンボも例外ではない。情報の中には良いものも
あるが、いっぽうで悪いものもあるので、情報の扱いに神経を使う。
無邪気な時代は終わってしまったようだ。

例えばこのトンボ。関東では何かと炎上しがちなので、実験的に、今回の採集行のリアルな情報は誰に
も伝えないことにしてみよう。

8月某日。初めて訪れる某ポイントに、某氏とふたりで訪れた。
予報に反して天気は日差しがベースで、気温も高い。ポイントの手前から目的のトンボが摂食飛翔する
姿があちこちで目に入る。竿を出したい気持ちを抑えて、先を急ぐ。

ポイントに着くと、さっそく複数の雄がパトロールする姿が目に入る。リュックから竿を出して臨戦態
勢。このトンボを採るには、6mのロッドは不要なのだ。

待つことしばし。
最初の雌が視界に入ってきた。すぐにでもネットを振り下ろしたい衝動を堪えて、雌が安定して産卵す
るのを待つ。頃合いを見計らって、静かに竿を振り下ろす。
ほどなく某氏が立つ場所もヒットし出したようで、あたりの動きが慌ただしくなってきた。

以降1時間ほどが産卵時間だったようで、それほど間を置かずに雌が飛び込んで来る状況が続いた。
満足したので、午後の早い時間に撤収。

このトンボの雌は、産卵に入らない日は一日待っても一匹二匹、という場合もあれば、この日のように
短時間で連続して入ることもある。どんな要因が、雌の産卵を促しているのだろうか。

a0126535_13231935.jpg


また来年も、このポイントを密かに訪れてみよう。






.
[PR]

by brunneus | 2017-08-14 13:26 | その他 | Comments(0)


<< 三度目の正直      役者 >>