トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 10日

里山のルリボシ

昨年出会った方から教えて頂いた、都内のルリボシヤンマポイント。
ここはルリボシ雌の産卵が毎回見られる貴重な場所で、ルリボシ以外にもタカネトンボの個体数が多く、
訪れる度に雌の産卵を見ている。そしてここが個人的に最重要なのだが、ルリボシヤンマに付き物の苦
しいアクセスが無く、さほど汗をかかず、その後の仕事にも影響が少ないので大変重宝している。

a0126535_20394288.jpg


周囲は里山の雰囲気が色濃く残る場所で、まだテレビが無かった時代、こうした風景の中のあちこちに
小池があり、ルリボシヤンマたちも沢山飛び交っていたのだろう。
この場所は典型的なルリボシヤンマの環境なのだが、一度だけ、オオルリボシヤンマの雌を手にした。
雄は一度も見たことが無いのだが、この雌はどこからやってきたのだろうか。


a0126535_11232226.jpg

左:ルリボシヤンマ雌 右:オオルリボシヤンマ雌

実は都内でオオルリボシの雌を採ったのは初めてだ。放浪癖があるこのヤンマの、都内での安定した産
地をまだ知らない。細切れの情報を手にそれらしきポイントを訪れても、いつも空振り。要は相性が合
わないのだ。

足元の草からパッと飛び出してきてホバリングする雌を凝視しながら、間合いを計る。
静かな秋の風景の中の一瞬の緊張を味わいたくて、つい足が向いてしまう。







.


[PR]

by brunneus | 2017-09-10 11:45 | 東京 | Comments(0)


<< 呪われた木曜日      願望 >>