トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 08日

八王子の磯

ある日のこと。
仕事の移動時間に八王子の小さな川沿いをカメラを手に歩いていると、気になる鳥が視界に入った。

a0126535_00593345.jpg


ツグミ亜科の一種だとは思うが、確信が持てないまま接近。あの鳥だろうか、、

a0126535_01020480.jpg


確定。イソヒヨドリ雌。
自分にとってイソヒヨドリは、初夏の沖縄遠征初日、那覇空港のターミナルを出て、まず最初に耳にす
る声。それがこの鳥だ。
やんばるの海岸沿いには沢山いて、早朝は、民宿の部屋の中に聴こえてくるシロガシラと、イソヒヨド
リの艶やかな声で目が覚める。

そんな別世界に棲む鳥に、真冬の八王子の川で出会えるとは思ってもみなかった。しかし記憶を辿ると、
ずいぶん前にJR八王子駅前で声を聴いて驚いたことを思い出した。調べてみると、この界隈で繁殖する
個体もいるらしい。また、冬は奥多摩湖などにも出没するとのことなので、行動範囲は相当広いようだ。

トンボと同じく、鳥も追いかけてみると、毎回一度はどきりとする瞬間に出会う。そしてそのどきどき
を味わいたくて、再びフィールドに足が向く。これが中毒の始まりなのだろう。






[PR]

by brunneus | 2018-02-08 01:18 | つぶやき | Comments(0)


<< ヒタキ二種      鳥見 >>