トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 23日

雌モード

トンボは毎年同じ時期、同じ場所に姿を現すが、その行動パターンは様々な条件によって、微妙に変化
する。

先日訪れたムカシトンボの産地は、成熟前の摂食個体が飛ぶ場所なのだが、通常は広い空間をゆっくり
と旋回するパターンが多い。しかし、先日訪れた時は広い空間を飛ぶ個体は殆どなく、脇を流れる渓流
の上を往復する個体が多かった。渓流の上をスウォーミングする小虫が多かったので、それがムカシト
ンボの行動に影響を与えたのだろう。

その他では、採集した個体が雌ばかりだったことが印象的。雄も少しは混じっていたが、今までの経験
上、ここは雄の方が多い場所だ。これは、時期的なものなのか、天候的なものなのかは分からない。

このポイントに通って10年ちかくになるが、まだまだ分からないことだらけで、それがまた面白い。

a0126535_0445116.jpg



さて、次はどこに行こうか。









.
[PR]

by brunneus | 2017-04-23 00:45 | 東京 | Comments(0)


<< テネラル      2017開幕 >>