トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 28日

ようやく

地元でなかなかルリビタキ雄に出会わないので、業を煮やして有名なポイントへ。
到着してまず目に付いたのは雌。

a0126535_23593940.jpg

そしてその後、間を置かずして、待望の雄が登場。

a0126535_00002922.jpg

ここで焦って追ってはいけない。こういう場合、じっと待つとたいてい向こうから接近してくるので、
静かに待機。

a0126535_00022834.jpg

そして目の前数メートルに。午後の陽光に瑠璃色が映えて、ほんとうに美しい。

それにしてもさすがと言うか、こうも楽に撮れてしまっては拍子抜け。とりあえず目的は達成したので、
残り少ないシーズンは地元での探索に費やしたい。










.
[PR]

by brunneus | 2018-02-28 00:09 | その他 | Comments(0)


<< 灯台下暗し      望岳・その2 >>