トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 14日

開幕

4月上旬に、関東で早くもムカシトンボ羽化の知らせを見た。国立駅前ではダビドサナエ雌の死骸も発
見。トンボの出現も記録的な早さで進行しているようだ。

数日前。
高温晴天の予報を見て、日中の数時間、ムカシトンボの産地を訪れてみた。例年より一週間ほど早いが、
今年は期待できるかもしれない。

周囲の山肌は、鮮やかな新緑に萌えている。

a0126535_01172216.jpg


思うに、落葉広葉樹の新緑は、モミやスギの針葉樹の深緑と対比されて、初めてその美しさが際立つの
だと思う。

林道に入ると、そこここに春の虫が。

a0126535_01192588.jpg

a0126535_01194948.jpg

a0126535_01200754.jpg


そしてポイントに到着。
白く霞む空を睨むことしばし。ツー、、、と細い棒が視界を横切った。やはりいた!
最初の個体を目で追うと、別の角度からもう一匹が、、。そしてさらにもうひとつ。
ムカシトンボの摂食飛翔は独特だ。一定の速さで、まるで何かに牽引されるように一直線に飛ぶ。そし
て時々思い出したように急旋回して、再び直線飛行。時々ふわっと上昇し、空中に漂うカゲロウをキャ
ッチする。
以降二時間ほど、周囲の林から次々にムカシトンボが飛び込んでくる光景をじっくり堪能することがで
きた。

a0126535_16001321.jpg


毎年恒例のムカシトンボ詣から、狂気の季節が始まる。







.



[PR]

by brunneus | 2018-04-14 01:33 | 東京 | Comments(0)


<< ツグミ二種      あべこべ >>