トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 18日

ツグミ二種

トンボが開幕したは良いが、その後の天候不順で足踏み。
朝からの雨が上がり、空が明るくなったので、仕事前にカメラを持って一橋大学へ。

到着して早々に、すぐ先の地面に赤いツグミが佇んでいるのが目に入った。慌ててカメラを出してファ
インダーを覗くと、そこにいたのは一橋では初見のアカハラだった。

a0126535_23382370.jpg


この個体はどうしたことか、数メートルまで近付いても全く動ぜず。弱っているのかと、さらに近付く
と突然「ポピピピピ!」という叫び声を残して元気に飛び去っていった。

自分の目が節穴なだけなのかも知れないが、都内の平地で見る林床性ツグミはシロハラが殆どで、アカ
ハラはごく少ないように思う。元々の渡来数が少ないのか、好む環境が違うのかは分からない。アカハ
ラは高原地帯で繁殖する鳥なので、今日見た個体は、高原への渡りの途中なのだろう。

この日目に付いたもう一種は、普通のツグミ。

a0126535_23405150.jpg


この鳥もそろそろ旅立っても良い頃だと思うが、まだまだ沢山いた。こころなしか、いつもよりおっと
りしていて、接近を許してくれた。

森の梢からはシメの鋭い声と、アオジの長閑な囀り。この二種も平地では冬鳥だ。

今年は春の訪れが早いが、冬鳥たちはいつまでこの場所に留まってくれるのだろうか。






.


[PR]

by brunneus | 2018-04-18 23:48 | その他 | Comments(0)


<< 渋色2018      開幕 >>