トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 06日

キビタキの森

前回の訪問から一ヶ月。再び標高1200mの高原へ。

赤岳はさらに雪解けが進み、ほぼ夏の姿に。

a0126535_22330386.jpg


森は芽吹きの真っ最中。東京の山はとっくに濃い緑に覆われているが、これが標高差というタイムトン
ネルなのかも知れない。

a0126535_22341542.jpg


そんな森の中から響く、聞き慣れない地鳴きに耳を奪われる。レンズを覗くと、そこにいたのはこの鳥。

a0126535_22380298.jpg


キビタキ雄だ。

a0126535_22423174.jpg


じっと観察してみると、複数の雄同士で縄張り争いをしているようだ。囀りながら頻繁に背中の黄色い
部分を膨らませる行動が見られた。同種の雄や、雌に対するディスプレイの一種なのだろうか。

a0126535_22444887.jpg


他の雄に気を取られてこちらに気付かないのか、目の前までやってくることも。


a0126535_22520563.jpg


森の中に消えた雄を探していると、薮の中に佇む雌を発見。

a0126535_22540345.jpg


茂みから雄の闘いの行方を見守っているのだろうか。

キビタキをはじめ、森林性の夏鳥は発見するのが難しいイメージだったが、この日はそれが翻された。
渡来初期で警戒心が低いことや、枝葉が芽吹いたばかりで姿を探しやすかったことが原因かもしれな
い。
この日はその他にルリビタキ、コマドリを探したが、こちらはもっと標高を上げないと出会えないよ
うだ。

訪れる度に様々に表情を変える高原の森。
新しい発見の連続が、やみつきになりそうだ。






.





[PR]

by brunneus | 2018-05-06 23:00 | 山梨 | Comments(0)


<< 甲虫2種      天気負け >>