トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 07日

ハネエゾ三昧

少し前のこと。
久しぶりに訪れるハネビロエゾトンボの産地に、カメラを担いで訪れた。
相変わらず狂った暑さの毎日で、アプローチのことを考えただけでゲンナリするが、チャンスはこの日
しかない。曇りがちで日差しが弱いことが唯一の救いだ。

ポイントに到着すると、探すまでもなく、流れの上を往復する雄の姿。

a0126535_16572156.jpg


見ているとひっきりなしに雄がやってくる。個体数が多いことには安心したが、飛び方に落ち着きがな
い。撮影は苦戦しそうだ。

a0126535_16594637.jpg


ホバリングする時間も少なく、ファインダーに捉えた瞬間に他の雄に干渉され、一瞬で姿を消してしま
う。蒸し暑さで集中力も途切れがちだ。この状態では雌の産卵は厳しいか、、。

流れを行き来しながら、雄の密度が薄い場所を重点的に見て回る。そしてついに!

a0126535_17032533.jpg

a0126535_17040807.jpg

a0126535_17045040.jpg

a0126535_17052414.jpg

チャンスはこの一回だった。いつ雄に見つかるかハラハラしながらの撮影だったが、最後には雄に連行
されて終了。

不満は残るが、一応、目的は達成できたのと、暑さでバテてきたので撤収。
帰り際。心当たりの木陰を覗いてみると、、、

a0126535_17103557.jpg

やっぱりいた。
木陰に避暑する雄。眠っているのか、こちらが多少ラフに動いてもびくともしない。
近くの枝にも別の雄の姿を発見したので、視線を移動させると、見えてきた光景に思わず息を呑む。

a0126535_17135278.jpg

狭い範囲に2雄1雌。実際はこの画角のすぐ外側にも雄が止まっている。さらに奥へ歩くと、、。

a0126535_17182983.jpg

雌が2匹。

ハネビロエゾトンボが、これほど高密度に静止している状況を見たことがない。やはり気温の高さに起
因した現象なのだろうか。

汗だくの一日だったが、滅多に見られない光景を目に出来て満足。
こんな日は帰路の長いアプローチも苦にならない。






.













[PR]

by brunneus | 2018-08-07 17:26 | つぶやき | Comments(2)
Commented by puntamama at 2018-08-07 23:02
これは凄い光景ですね@@
複数飛んでいるのを見ることはありましたが
同時にこんなに!雌まで一緒にぶら下がり!とは
産卵も素晴らしいショットで写し撮ってますねぇ
行きたくなりましたが・・・ 台風 ( ;∀;)

Commented by brunneus at 2018-08-07 23:23
ありがとうございます。

僕もこれほど高密度で止まっているのは初めて見たので、
一瞬暑さで眼がおかしくなったのかと思いました笑
雌の産卵はシャッター乱れ押しで、偶然何枚か何とか見られるのが撮れていました。

ハネビロエゾは8月一杯は大丈夫なので、
まだチャンスはあると思いますよ。
幸運をお祈りしています!


<< 来て良かった      沼の木陰 >>