トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 14日

来て良かった

昨日。
「局地的に雷雨」という朝の予報は聞いていたが、マルタンヤンマのために午後を空けておいたので、
リュックに竿を忍ばせて職場へ。

仕事を終えて外に出ると、既に頭上はどす黒い雨雲に覆われている。そして駅に着く頃には大粒の雨が
降り始めていた。まだ午後の早い時間だというのに日没後のような暗さで、行き交う車はライトを点灯
している。
この光景にはすっかり気持ちが萎え、大人しく帰宅して日々の疲れを癒そうと思ったが、「局地的に雷
雨」の「局地的」という言葉に僅かな希望を捨てきれない。自分がいま立っている場所が雷雨でも、ポ
イントは青空が覗いているかもしれないのだ。
帰りたい気持ちと、ポイントを見てみたい気持ちが入り交じる中途半端な気持ちのまま、ずるずると家
とは反対方向へ。

そして最寄り駅に到着。
そこで見たのは、希望を打ち砕く薄暗い風景と、しとしとと降る雨。しかし不思議と引き返そうという
気持ちが湧かない。傘を差して黙々とポイントを目指すというシュールな状況に、なんだか可笑しくな
ってくる。
そしてポイント。ここでもやはり、無情な雨。しかし西の空が少し明るくなっているのと、雨の中、一
匹のマルタンヤンマ雌が摂食するのを見て、少し待ってみようと思った。

雨宿りしていると小降りになってきたので、谷へ入ってみる。
産卵場所を探して飛び回るマルタン雌が二匹。良い兆候だ。

そして10分後。
褐色翅の引き締まった体型のヤンマが、頭上を真っ直ぐに飛び去る。やはり出てきてくれた!

静かに見守ると、後ろからもう一匹。二匹は頭上でもつれ合いながら通過。
前方に飛び去り、一匹が遥か彼方で引き返して真っ直ぐにこちらへ向かってくる。充分に引き寄せて竿
を振る。快音!

a0126535_00023231.jpg


美しく色付いた秋のマルタン雄。雨の中、来て良かった、、。
その後は数匹の雄が頭上を飛び交い、日没後は頭上を多数の雌が旋回する、典型的な「秋モード」の光
景を心行くまで堪能した。

もう一度。
「雨の中、来て良かった!」








.










[PR]

by brunneus | 2018-08-14 00:14 | 東京 | Comments(0)


<< 念願      ハネエゾ三昧 >>