人気ブログランキング |

トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 97 )


2019年 09月 16日

秋色

房総半島に大きな被害をもたらした台風が過ぎ去ったあと。
東京は季節外れの高温と晴天が広がった。台風一過の晴天とくれば狙うのはあの虫。アクセスしやすい
場所にホストの木があるのを知って、仕事前に訪れてみた。

a0126535_22031320.jpg


成果はもちろん無し。仕事前にちょろっと行って採れれば、、などというのは甘過ぎる戯言なのは分か
っているので、ダメージは少ない。少し時間が余ったので、今年初めてのルリボシヤンマのポイントへ。

到着すると、いつも縄張りを張る雄の姿がない。暑過ぎるのだ。

ツクツクボウシの声を鑑賞するだけの時間が過ぎ、そろそろタイムリミット、という頃。
池の真ん中の水草の中に灰色のヤンマが飛び込むのが見えた。しばらく出てこないので、恐らくヤンマ
の雌だろう。しかし距離が遠過ぎて何もできない。何とか正体を確かめたい、と岸を回り込んだその時、
足元から「カサッ」という音がして、黄土色のヤンマが目の前でホバリングを始めた。すかさず竿を振
ると手応え。

a0126535_22102364.jpg


ルリボシヤンマ雌。
ルリボシヤンマの雌にはいつも不意を突かれる。この時も、別の雌が入ってきたことに全く気付いてい
なかったのだ。その後、残された時間も無くなったので、急いで撤収して駅に向かった。ぎりぎりで今
年の初物が手に出来て良かった。

池の岸辺には真っ赤なマユタテアカネやアキアカネが止まり、脇の小川にはミルンヤンマが舞う。気付
いてみれば、風景はすっかりと秋色に染まっていた。

今年のシーズンも、いよいよラストスパートに入ったようだ。







.





by brunneus | 2019-09-16 22:17 | その他 | Comments(2)
2019年 09月 09日

8年ぶり

昨年あたりから近場のナゴヤサナエを狙っていたのだが、どうも埒があかないので、過去に訪れたこと
のある川へ。
しかし8年前のことなので、記憶がだいぶ薄れている。当時一緒に行ったSさんにポイント情報を確認
したうえで出発した。

現地に着いて太陽熱を充分に吸収した胴長を装着すると、サウナ状態の下半身からすぐに汗が吹き出す。
そろりと入水すると、ひんやりとした水の感触が心地いい。一見すると川面には何もいないが、目を凝
らすと、怪しいトンボが。

a0126535_21505842.jpg


しばらく目で追うと、川岸の茂みに消えた。消えたあたりに見当を付け慎重に近付くと、発見。

a0126535_21534251.jpg


さらに接近を試みるとさっと飛び、川面で別の雄とドッグファイトを繰り広げ始めた。さらにその上流
にも2匹の雄。どうやら複数の雄がいるようだ。

少し前傾姿勢で川面をフワフワ飛ぶ姿は、メガネサナエ属独特のもの。この日は、少し飛ぶとすぐに静
止してしまう個体が多く、一時的に川面から雄が消える時間帯が何度かあった。

a0126535_21545829.jpg


雄の確認は出来たので、あとは雌の飛来を待つばかりだが、一度だけ、10メートル程先の水面を不規則
に打水するのを見ただけで、チャンスと言えるものは訪れなかった。

昼を過ぎると雄も川面から消え、以降出てくることはなかったので、そのまま撤収となってしまった。
メガネサナエは一日中活動している印象があったのだが、ナゴヤサナエの引きの早さに面食らう。

a0126535_21560377.jpg


メガネサナエに慣れた感覚で手にすると、その小ささが新鮮。属の特徴である腹端の広がりも、心なし
か大人しく感じる。

ナゴヤサナエは不思議なトンボだ。
都内でも区部を中心に目撃情報は多く、かなり内陸部の公園でも確認されているのだが、これらはみな
木立で休息する個体で、繁殖活動を行う場所がいまいち判然としないのだ。
都内北東部で見かける個体は江戸川、荒川由来だと思うのだが、いったいどこで繁殖活動を行っている
のだろうか。
数年前には、多摩川下流でも複数のヤゴが採集されたらしい。
真夏の多摩川中流。広々とした水面をふわふわと前傾姿勢で飛ぶナゴヤサナエを想像してみる。今も多
摩川のどこかで飛んでいるかも知れないと思うと、わくわくしてくる。

手にしたナゴヤサナエを眺めながら、いつか都内のどこかで、ひょっこりと出会える日を夢見ている。






.

by brunneus | 2019-09-09 22:09 | その他 | Comments(2)
2019年 08月 18日

シャワー

ネアカヨシの湿地。
梅雨が長引いたせいで、今年は8月にずれ込んでしまった。東京は7月末に梅雨が明けたが、それと同
時に容赦のない猛暑日が続いた。このぶんだと湿地はカラカラに乾いているだろう、と予想して行った
のだが、現地に着いてみると湿地が深く冠水。念のために長靴を持って来て良かった、、と胸を撫で下
ろした。
湿地に入る前に周辺の林を静かに歩くと、褐色のヤンマがさっと飛んで枝に止まった。

a0126535_00131715.jpg


カトリヤンマ未熟雌。昔はこの湿地でよく見かけたが、いつしか見なくなったヤンマだ。この日は、林
の中で多くのカトリヤンマが休憩していた。
湿地へ踏み込むと、やはり長靴が深く潜る。これは立ち回りに苦戦しそうだ。
10mほど向こうの草むらで「がさっ」と音がして、白っぽい塊が飛び出した。直感的にチャンスを悟
り、ばしゃばしゃと駆け寄る。息を殺してレンズを向けると、、

a0126535_00175767.jpg


滅多にないシーンだが、位置が悪い。マコモのブッシュに体を押しつけながら全体が見えるアングルを
探るが、すんでの所で飛ばれてしまった。
それにしても、乾燥した日が続いたのに、この水はどこから来たのか、、。長雨で地下に浸透した水が
滲み出してきたのだろうか、、などと考えながら、空を見上げる。

a0126535_23571660.jpg


すらりと尖る腹端と褐色にけぶる翅端。さっそくのお出ましだ。
経験上、早い時間帯から飛び出す日は、当たり日であることが多い。期待に胸が膨らむ。そしてそのす
ぐ後にも、、

a0126535_23592938.jpg

a0126535_23595778.jpg


途切れることなく、ネアカヨシが頭上を旋回する。
そしてそのまま、昨年を上回る群飛状態に突入した。頭上を縦横無尽に飛び回るネアカヨシヤンマに向
かって、腕が痺れるまで竿を振り回す、久しぶりの感覚。
トンボ採りの楽しみは人それぞれあるだろうが、自分の場合は、少ないトンボを苦労して探しまわるこ
とより、まるでシャワーのようなトンボの群れに囲まれている時間が一番幸せなのだ。
この日はまだまだヤンマは飛んでいたが、疲れたのとじゅうぶんに満足したので、いつもより一本前の
電車に乗るべく、早めに撤収した。駅で買った冷えた水が、これほど旨いことはない。


a0126535_00033331.jpg


予想通り、ネアカヨシの雄は翅が褐色にけぶった老熟個体が殆ど。いつものことだが、雌は雄に比べて
鮮度の高い個体や、やや未熟よりの個体が目に付いた。
梅雨が長引いたからか、今年はアオヤンマの数がまだまだ多く、雄のパトロールが頻繁に見られた。し
かし画像の個体のように、翅は白くけぶり、体色は煤けたシーズン末期の様相を呈した個体ばかり。

不調が続いた夏のシーズンだが、久しぶりに存分に楽しめた日だった。
夏は短い。これから忙しくなりそうだ。




.

by brunneus | 2019-08-18 00:28 | その他 | Comments(2)
2019年 06月 26日

日照

悪天明けの晴天予報。
仕事があるので遠出はできないが、フィールドには出たい。いくつか選択肢があるが、この日選んだの
は、近場のアオヤンマの産地。前回の都内のポイントでは、一匹も飛ばないというまさかの展開だった
ので、確実性を重視した。
とは言うものの、この場所に行くのは3年振り。無事アオヤンマが見られるかどうか、不安がよぎる。

そして現地。

a0126535_01110221.jpg


雲が多いが日差しはあり、何より気温がじゅうぶんに高く、汗ばむほど。これは久々の感覚だ。
そして頭上を見上げると、、

a0126535_01123724.jpg


ゆったりと旋回する、待望のシルエット。目が慣れてくると、あちこちでアオヤンマが飛び交っている
光景が見えてきた。どうやら状況は良いようだ。
さっそく準備をして戦闘態勢に入るが、そのタイミングで太陽が雲に隠れた。するとあれほどいたアオ
ヤンマが、視界から全ていなくなってしまった。

やがて再び日差しが戻るといつの間にか頭上を飛び交うが、日差しが5分と長続きしない。狙いを定め
ているうちに再び薄暗くなり、視界から消え失せてしまう。予想外の苦戦を強いられた。

そして日差しに翻弄されるうちに時間切れ。
帰り道。頭上から雲が一掃され、見事な晴天が広がるのは、いつものお約束パターンだ。


a0126535_01205293.jpg


手にした個体は老熟の域にさしかかり、腹部が美しい青色に染まっている。
それにしても、アオヤンマがこんなに日照に敏感だとは思わなかった。いや、単に一年前のことを忘れ
ているだけかもしれない。

若干の消化不良感は残るが、夏が来る前に出会いたかったトンボを手にでき、まずまず満足。
そして意識は次のステージへ、、。




.




by brunneus | 2019-06-26 01:30 | その他 | Comments(0)
2019年 06月 09日

再訪

先日のこと。
梅雨入りが秒読み段階に入る中での貴重な晴れ間。行きたい所は山ほどあるが、この日は消化不良に終
わったサラサヤンマの谷津に行くことにした。

現地に着くと、相変わらずトンボの気配が少ない。
期待の第一ポイントへ行くが、姿はなし。ここが外れてしまうと厳しいものがあるが、諦めずに周囲を
探索。しかしたまに雄が寂しくホバリングするだけで、雌が見つからない。
半分諦めの気持ちで元のポイントに戻ると、足元から黄色いトンボが飛び出した。いつの間に!
刺激しないように注視し、着地した所をまず確認。

a0126535_13574731.jpg


目を離さないように手探りでストロボを取り付け、接近。

a0126535_13593862.jpg


雌は産卵に集中し始めると、少しの光や振動には動じなくなる。

a0126535_14012536.jpg


頭部を中心に、くるくると回転しながら産卵する行動が面白い。

a0126535_14022778.jpg


よほどこの小さな朽ち木が気に入ったのか、雌は30分ほど夢中になって産卵していた。

結果的にこの日も雌は少なかったが、産卵する光景を心ゆくまで観察できたので満足。おそらく、これ
が今シーズン最後のサラサヤンマになるだろう。


6月7日に関東地方が梅雨入りしたらしい。
頭の中は、既に次のシーズンのトンボたちが飛び交っている。










.


by brunneus | 2019-06-09 14:13 | その他 | Comments(0)
2019年 06月 05日

ムカシまみれ

ムカシヤンマを見に、近くの谷津へ。
この時期は晴れると爽やかな風が森の中を抜け、ほんとうに気持ちがよい。
ポイントに近付くと、さっそく出迎えの個体が登場。

a0126535_22550677.jpg


ポイントにも、複数の雄が陣取っている。

a0126535_22571765.jpg

a0126535_22574400.jpg


この状況だと、雌が来てもすぐに連れ去られてしまうだろう、と気を揉んでいると、雄たちが縄張りを
張る場所から少し離れた茂みから、微かな羽音が聞こえた気がした。そっと覗いてみると、、

a0126535_23004800.jpg


雌がひっそりと産卵している。
これを皮切りに、次々に雌が産卵にやってくる。

a0126535_23020520.jpg

a0126535_23024943.jpg

a0126535_23090057.jpg


背景がすっきりしたアングルを模索するが、雌は茂みの奥へ奥へと潜り込んでしまう。もっとよく見え
る所でやってくれ!といくら念じても彼女たちには届くわけがない。
いっぽうで、数メートルの近さに静止する雄たちは全く気付いていない様子。雌たちは雄の行動パター
ンをよく理解しているらしい。

存分にムカシヤンマを観察できたので、この日は仕事のために早めに撤収。

この春は芳しくない成果が続きもやもやとした日々が続いていたが、当たり日の爽快感を経験すると、
今までのもやもやが全て吹き飛んでしまう。

ムカシヤンマにまみれて、満ち足りた気分で帰路についた。







.




by brunneus | 2019-06-05 23:22 | その他 | Comments(2)
2019年 06月 02日

消化不良

今年はサラサヤンマ雌との巡り合わせが悪い。
うかうかしているとシーズンが終わってしまうので、昨年当たった谷津へ行ってみた。
現地は高温晴天。昨年とほぼ同じ気象条件だ。この場所は環境の良さに比べ、見かける雄が少ないのだ
が、この日も何箇所目かの木陰でようやく発見。

a0126535_22565876.jpg


高温だからか、基本的には静止型の縄張りを張っている。しばらく周辺を状況確認したあと、昨年発見
した産卵ポイントに腰を据えて待つ。しかし産卵の時間帯に入っても、雌の気配がない。周囲の木陰を
巡っても雌はおろか、雄さえいなくなってしまった。

帰りの時間が気になり始めた頃、数メートル先の草影から独特の動きで移動するシルエットが見えた。
慌てて急行。
そのトンボは、こちらの存在を全く気にかけることなく、悠々と足元を通過、すぐ先の湿土に着地した。


a0126535_07284850.jpg


サラサヤンマ雌。
この日は1雌を押さえた後は撮影を主眼にするつもりでいたのだが、結局、チャンスはこの一回のみ。
成功体験を過信してはいけないことは分かっているのだが、やはり昨年との状況のギャップにはがっく
り来てしまう。
このままだとあまりに消化不良なので再訪したいが、はたしてその時間はあるのだろうか。





.


by brunneus | 2019-06-02 23:11 | その他 | Comments(0)
2019年 05月 18日

ほぼアサヒナ?

ここに二つのカワトンボの標本がある。

a0126535_00273457.jpg


採集した環境は、Aが谷津の木陰の細流、Bが日当りの良い小河川中流だ。
何も言われなければ、翅の不透明班の発達の度合いや、生息環境からBの個体がニホンカワトンボ、A
がアサヒナカワトンボ、という判定をするところだ。

ところが、産地で見るとAは房総半島のやや北よりで、「ニホンカワトンボ」の分布域、Bは八王子市
西部産で「アサヒナカワトンボ」の分布域とされる個体なのだ。

「日本のトンボ(尾園ら2017)」によれば、両種の識別は
①翅胸高に対する頭部の長さ。翅胸高の方が長いのがニホンカワ、短いのがアサヒナカワ。
②腹部第1節背面の小突起が無いのがニホンカワ、あるのがアサヒナカワ。
③縁紋の位置が基部よりなのがニホンカワ、先端よりなのがアサヒナカワ。
さらに、「近畿のトンボ図鑑(山本ら2009)」によると、
④後胸後腹板前半部に黄色班があるのがニホンカワ、ないのがアサヒナカワ。

以上を踏まえて見てみる。

①→両方の標本共に頭部の方が長く、「アサヒナカワ」の判定。
a0126535_01345759.jpg


②→Aの標本は「ニホンカワ」、Bが「アサヒナカワ」の判定。
a0126535_01372260.jpg


③→Aの標本の方がやや基部寄りに見えるが、よくわからない。(一番上の画像参照)
④→Aの標本は「ニホンカワ」、Bが「アサヒナカワ」の判定。
a0126535_01403425.jpg


例外や不明な点はあるものの、総合的に見ればAがニホンカワ、Bがアサヒナカワ、ということになり
そうだ。
Bの標本は、昔から馴染みのあるポイントで得たもので、長年「どっち?」ともやもやした気持ちで眺
めていたが、こうして比較することで、少しその正体に近付けた気がする。
それにしても、Bは生息環境やその外見が「ニホンカワ」的なのに、細部を調べていくと「アサヒナカ
ワ」的特徴がいくつもあるのが面白い。
神奈川から都内西北部には、両種の交雑個体と言われる「伊豆個体群」が分布し、またBの生息地のす
ぐ東にはニホンカワトンボの分布域があるらしい。今後、精度を上げるには、さらにサンプルを集めて
検討する必要があると思う。

これまで見慣れてきたカワトンボは、今の所「ほぼアサヒナ」。今回のところはひとまずこれで落ち着
くことになりそうだ。




.





by brunneus | 2019-05-18 01:55 | その他 | Comments(0)
2018年 10月 18日

ルリボシの日

10月上旬のある日。
ルリボシヤンマに思うように出会えないので、秘密の池へ。

a0126535_00051413.jpg


ルリボシヤンマの産地は、このヤンマの性質上、アプローチにひと汗もふた汗もかかされることが多い。
しかしこのポイントは、到着までに一滴の汗もかかずに済む、という自分にとって理想的な場所。
しかも「ルリボシヤンマの棲息地です」という看板を立てたいほどの、典型的で、お手本のような環境。
こんな理想的環境でルリボシがいないはずもなく、今まで外したことは無い。この日も到着するなりホ
バリングする雄が出迎えてくれた。

しかし目的は雄ではなく、産卵する雌の撮影。岸辺を歩き出してほどなく、足元からかすかな翅音。
そっと覗いてみると、、

a0126535_00162088.jpg


発見。
これは幸先がいい。
この雌は産卵意欲が旺盛で、こちらの気配も気にせず、一心不乱に産卵していた。

最初の雌が去ってからしばらく音沙汰がないので岸辺を巡回すると、今度は足元に!

a0126535_00211334.jpg


池の隅々までぬかりなく監視していたつもりではあったが、この雌の飛来に全く気がつかなかった。
ヤンマの雌には、いつも一瞬の隙を突かれる。

さらに少し離れた場所からも翅音。

a0126535_00235567.jpg


西日を受けて産卵するルリボシヤンマ。深まる秋の象徴的な風景だ。

この日は多くの雌たちが産卵に飛来し、心行くまで彼女らの姿を眼とレンズに焼き付けることができた。

秋の目標であるルリボシヤンマの撮影が出来たことで、急速にトンボに対する欲求が満たされつつある。
そろそろ意識がトンボから鳥へ移り変わる時が来たようだ。







.





by brunneus | 2018-10-18 00:33 | その他 | Comments(0)
2018年 10月 12日

キトンボの日

成果が出ないルリボシヤンマ探索から気分一新。
好天予報をしかと確認して、アクセスが非常に楽なキトンボの多産地へ。この場所はオオルリボシヤン
マの多産地でもあったのだが、今はその面影もない。

到着早々、さっそく足元の岸辺にキトンボのペアが飛び込んできた。

a0126535_01291660.jpg


ひとしきり産卵すると、やがて雄は連結を解き、警護飛翔のもとで雌の単独産卵に移行する。

a0126535_01305038.jpg


これを皮切りに次々にペアは飛来してくるのだが、直線的な岸辺で産卵するものは殆どなく、岸が入り
組んで草が茂ったような場所に好んで飛び込んでくる。これでは背景がすっきりしたアングルが取れな
い。
どう撮ったら良いか攻めあぐねていると、ようやくオープンスペースにやってきたペアを発見。

a0126535_01350744.jpg

a0126535_01352894.jpg


シャッターだけは沢山切るのだが、未熟な腕ではこれが限界。
産卵ペアを追い回すのに疲れて、ふと気配を感じて背後の岸辺を覗いてみる。

a0126535_01370659.jpg

そこには静かに交尾するペアが佇んでいた。

一時間ほどすると次第にキトンボたちの活動が次第に低調になっていったので、ポイントを後にした。
キトンボ撮影の合間に目撃したオオルリボシヤンマは、雄雌1匹ずつ。数年前にあれだけいたオオルリ
ボシたちは、いったいどこへ行ってしまったのだろう。
キトンボが湧いてくるほど沢山いる、ということは、水質に関してはお墨付きなはずだ。ヤンマの産卵
基質もふんだんにある。出てきてくれた雄と雌に、離れてしまった理由を聞いてみたい衝動に駆られた。

何はともあれ、今年も沢山のキトンボ達に囲まれた贅沢な一時間を過ごせた。
来年再び訪れた時に、オオルリボシヤンマが戻ってきてくれていれば、何も言うこともない。






.








by brunneus | 2018-10-12 01:53 | その他 | Comments(6)