トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:東京( 168 )


2018年 08月 14日

来て良かった

昨日。
「局地的に雷雨」という朝の予報は聞いていたが、マルタンヤンマのために午後を空けておいたので、
リュックに竿を忍ばせて職場へ。

仕事を終えて外に出ると、既に頭上はどす黒い雨雲に覆われている。そして駅に着く頃には大粒の雨が
降り始めていた。まだ午後の早い時間だというのに日没後のような暗さで、行き交う車はライトを点灯
している。
この光景にはすっかり気持ちが萎え、大人しく帰宅して日々の疲れを癒そうと思ったが、「局地的に雷
雨」の「局地的」という言葉に僅かな希望を捨てきれない。自分がいま立っている場所が雷雨でも、ポ
イントは青空が覗いているかもしれないのだ。
帰りたい気持ちと、ポイントを見てみたい気持ちが入り交じる中途半端な気持ちのまま、ずるずると家
とは反対方向へ。

そして最寄り駅に到着。
そこで見たのは、希望を打ち砕く薄暗い風景と、しとしとと降る雨。しかし不思議と引き返そうという
気持ちが湧かない。傘を差して黙々とポイントを目指すというシュールな状況に、なんだか可笑しくな
ってくる。
そしてポイント。ここでもやはり、無情な雨。しかし西の空が少し明るくなっているのと、雨の中、一
匹のマルタンヤンマ雌が摂食するのを見て、少し待ってみようと思った。

雨宿りしていると小降りになってきたので、谷へ入ってみる。
産卵場所を探して飛び回るマルタン雌が二匹。良い兆候だ。

そして10分後。
褐色翅の引き締まった体型のヤンマが、頭上を真っ直ぐに飛び去る。やはり出てきてくれた!

静かに見守ると、後ろからもう一匹。二匹は頭上でもつれ合いながら通過。
前方に飛び去り、一匹が遥か彼方で引き返して真っ直ぐにこちらへ向かってくる。充分に引き寄せて竿
を振る。快音!

a0126535_00023231.jpg


美しく色付いた秋のマルタン雄。雨の中、来て良かった、、。
その後は数匹の雄が頭上を飛び交い、日没後は頭上を多数の雌が旋回する、典型的な「秋モード」の光
景を心行くまで堪能した。

もう一度。
「雨の中、来て良かった!」








.










[PR]

by brunneus | 2018-08-14 00:14 | 東京 | Comments(0)
2018年 07月 28日

ヒゲコガネ2018

ここ数週間ほど、仕事の後に夜な夜な多摩川中流に出かけている。
ターゲットはこの虫。

a0126535_22123175.jpg


ヒゲコガネ。
数年前から、馴染みのポイントでは、おそらく灯のLED化でヒゲコガネが全く採れなくなっていた。以
来この虫からは遠ざかっていたのだが、今年は新たなポイント開拓をすべく、いくつかの場所を巡って
いたのだった。

結果はそれほど数は多くはないものの、広く薄くヒゲコガネが見られた。
印象的だったのは、雄よりも雌が多かったこと。本来ヒゲコガネは灯火に飛来するのは雄が圧倒的に多
く、雌は稀なはずだ。発生後期だからか、時間の関係か、、。

ヒゲコガネはコフキコガネ類の最大種。国産コガネムシ科の中でも、ヤンバルテナガコガネ、カブトム
シ、タイワンカブトムシに次ぐ大きさだ。
そんな大きな虫が歩道に落ちていれば気付きそうなものだが、ポイントには点々と踏みつぶされた死骸
があった。
ポイントの歩道は仕事帰りやジョギングなどで往来が激しい。ヒゲコガネの存在に全く気付かぬ人々に
踏まれる前に発見するには、飛来して歩道に落下したばかりの個体に出会うしかなく、これがなかなか
難しい。
踏みつぶされながらも、まだ動いている個体を何度か見たが、その度に「あと数分前に通っていれば!」
と歯ぎしりする。

街灯のLED化は、こうした無惨な死を防ぐ点で言えば喜ばしいことだとは思うが、虫屋の立場からする
と、ちょっと複雑、、。








.






[PR]

by brunneus | 2018-07-28 22:28 | 東京 | Comments(0)
2018年 07月 25日

お手軽

連日、熱水の中にいるような猛暑が続いている。こんな日々は、息を吸って吐いて、生きているだけで
精一杯だ。

そんな猛暑がチャンスのトンボを求めて、仕事前に、誰もが知る場所へ。この場所は以前から狙ってい
たのだが、なかなかタイミングが合わず、機会に恵まれなかったのだ。
撮影目的で訪れるのは初めてなので、勝手が分からない。目的のトンボがどこにいるかも分からない。
しかし、あまり心配はしていなかった。

気温が最も高くなる時間に、現地着。
とりあえず適当に歩道を流していると、頭上の木陰でホバリングするスリムなトンボのシルエット。歩
みを止めて注視すると、良い位置の枝に止まった。

a0126535_23382607.jpg


ヤブヤンマ雄。
これは予定外のラッキーな出会い。
しかしヤブヤンマは本命ではない。歩道をさらにふらついていると、早速、高そうなカメラを首から下
げた紳士がやってきてちらっとこちらのカメラを一瞥、そして本命のトンボについてのヒントを丁寧に
教授してくれたのだった。
何の躊躇もなく紳士のヒントを受け入れて、言われた場所を探すことしばし。あっけなく本命を発見。

a0126535_23482054.jpg


マルタンヤンマ雄。ひとしきり撮影すると、ふわっと飛んで、すぐ近くに再び静止。

a0126535_23494486.jpg


良い角度だが、手前のクモの糸が邪魔、、。
なんとか別の角度から、、と少し粘ってみたが、暑さに負けて撤収。

黄昏飛翔性のヤンマは、日中はこのようにして風通しが良い林内に静止して休んでいる。その生態自体
は昔から知っていたのだが、いかんせん根気が無い。蒸し風呂のような森の中を、一匹のトンボを求め
て彷徨うことを想像しただけで目眩がする。
そしてこの場所。
有名なので、森にカメラを向けた人を目印にすれば本命に辿り着けるだろう、と甘い期待をしていたが、
いっぽうでそんなに都合良く本命は現れてはくれないだろうとも思っていた。しかし現実は甘い期待そ
のままだった、、。噂に違わぬお手軽天国。

ヤンマたちがどんな環境で休息しているのかが何となく分かった気がするので、今日の経験を他の場所
でも応用してみよう。








.
[PR]

by brunneus | 2018-07-25 00:11 | 東京 | Comments(0)
2018年 06月 19日

まさかのねあか

数日前。
そういえばアオヤンマをまだ手にしていないことに気付き、仕事前に昨年訪れた湾岸の産地へ。
ポイントに到着して上空を見上げると、ゆったりと摂食飛翔するアオヤンマに混じって、不可解なヤン
マが目に入った。

a0126535_23412468.jpg


体型はアオヤンマ雌なのだが、妙に黒っぽい。アオヤンマ雌にも見えるが、高空を飛ぶのでディティー
ルが判然としないのが歯がゆい。

a0126535_23441510.jpg


胸に黒筋が一瞬見えた気がする。もしや、、。

一旦視界から消えたと思った途端、出し抜けに頭上に登場。

a0126535_23460469.jpg

確定。ネアカヨシヤンマ雌!
ここは小規模な都市公園で、環境のバリエーションは単純。頭の中にはネアカのネの字もなかったので、
まさかこんな場所で遭遇できるとは思ってもみなかった。
アオヤンマは近年都内近郊で目撃、採集情報が増えているので、ネアカヨシヤンマもその流れに乗って
いるのだろうか。もしかしたら湾岸に広く浅く棲息しているのかもしれない。

こうなると他の場所でも探索したくなってくる。思い当たる場所はいくつかあるので、時間を作って調
べてみよう。









.






[PR]

by brunneus | 2018-06-19 23:54 | 東京 | Comments(0)
2018年 06月 02日

サラサヤンマの谷津

昨日。
勝手に悪天候だろうと決めつけていたのだが、予報を見ると久々の晴天。仕事前の二時間、カメラと長
靴だけ持って、手軽に行ける昔馴染みのサラサヤンマの谷津へ。

a0126535_00151183.jpg


ここは典型的なサラサヤンマの環境が広がる素晴らしい場所。しかし湿地に足を踏み入れても、サラサ
ヤンマが飛ぶ姿が見えない。じっくりと地表を探すと、いた。

a0126535_00190910.jpg


気温が高いからか雄は不活発で、静止型の縄張りを張っていた。ここはこの雄に任せて、移動。
すると湿地脇の踏み跡の上を、中型の黒っぽいトンボがホバリングしている。じっと注視すると、やが
て脇の草むらの中に入っていった。忍び足で近寄り、草葉の間から覗いてみると、、

a0126535_00235776.jpg


今日の目的、サラサヤンマ雌。
雄が陣取る湿地を避けて産卵しているのだろうか。辛抱強く待ち、頭の中にあるイメージした場所で産
卵するのを待つ。すると思いが通じたのか、雌はついっと飛んだ。

a0126535_00264881.jpg


思い虚しく、またしても草の中で産卵。雌はこのあと、産卵に満足したようで空高く消えてしまった。
滞在できるタイムリミットが近付いてきたので、帰りがてら別の湿地へ入ると、、

a0126535_00290494.jpg


イメージに近い場所で産卵する雌に出くわした。
その後は時間になったので撤収。

サラサヤンマの雌は、一日待っても出て来ないこともざらだが、条件の良い日は簡単に出会えてしま
うものだ。
採集はしていないが、雌の産卵をじっくり観察できただけで充分満足な日だった。






.



[PR]

by brunneus | 2018-06-02 00:36 | 東京 | Comments(0)
2018年 05月 19日

よくわからない

ヒメクロサナエはムカシトンボの時期に羽化個体は良く見かけるが、成熟した個体がどこで何をしてい
るのか長年の謎だった。
図鑑の記述によると「河川源流部で生殖活動云々」と書かれているので、何度か心当たりの環境を訪れ
てみたのだが、成果は無かった。
梅雨前の貴重な晴れ間をこの小さなサナエだけに費やすのも勿体ないので、熱心に探索する気にはなか
なかなれない。しかし、いつまでも放置するのも気持ち悪い。
そこで先日、既知のポイントを知っているSさんに助けを求めると、嬉しいことに快諾して頂いた。

そして当日。
天気はまずまず、期待を膨らませてポイント入りすると、トンボの姿がない。Sさんも首を傾げるが、
少し気温が低いことと、ポイントの上流から常に冷気が吹き込んでいることが原因しているのかも知れ
ない。
結果は、突然足元に飛来した雌ひとつと、Sさんに譲って頂いた雄ひとつをなんとか手にしただけに終
わった。

a0126535_00243955.jpg

トンボの状況は日替わりで、もとより「採れることが当たり前」とは思っていない。
この日は仕事があったので早めに切り上げたのだが、帰りの道すがら、Sさんのポイントを念頭に、同
じような沢をいくつか遡上してみたのだが、いずれもヒメクロの姿は見当たらなかった。

ヒメクロサナエが現れた環境は特別なものでなく、一見するとどこにでもありふれた風景で、どこにで
も普遍的に棲息していそうに思えるのだが、そう単純な話ではないようだ。

結局、ヒメクロサナエについては未だによく分からない。
さらに地元でも探索したいところだが、その時間を取ることは今年も叶わなそうだ。

貴重な時間を、案内に費やして頂いたSさんに感謝。






.








[PR]

by brunneus | 2018-05-19 00:34 | 東京 | Comments(0)
2018年 05月 16日

健在

5月上旬から近所のルリカミキリの発生木をこまめにチェックしているのだが、いっこうに姿が見られ
ない。姿はおろか、食痕も見つからないのだ。
ついに駆除されてしまったか、、と残念に思っていたのだが、昨日、仕事帰りに立ち寄ってみると、、

いた!

a0126535_23293610.jpg

a0126535_23301692.jpg

a0126535_23372802.jpg


良く探すまでもなく、ひとつの視界の中にいくつも見つかる。いつの間に、、、。

そして見上げると、、

a0126535_23391350.jpg

a0126535_23395041.jpg


レッドロビンの上をふわふわと飛ぶいくつもの影。
活動時間帯である黄昏時だからか、植え込み一帯がルリカミキリのお祭り場と化していた。

今年はついにオオキイロコガネを一回も見ずにシーズンを終え、ルリカミキリまでも、、と寂しい気持
ちになっていたのだが、ルリカミキリ盛況の風景を見て、少し安心した。

国立に、やっと春本番が訪れた。










.

[PR]

by brunneus | 2018-05-16 23:48 | 東京 | Comments(0)
2018年 05月 14日

黄昏仕様

数日前。
各地のポイントを巡ったあと、一日の仕上げに、ふと思い付いて静かなムカシトンボのポイントを訪れ
てみた。
既に太陽は尾根の向こうに沈み、あたりは薄暗い。上流から冷気が吹き下ろしてくるので寒くてじっと
していられない。こりゃだめだ、、。と早々に諦めようと思った矢先、下流から黒い影がゆらゆらと接
近いてきて、すぐ下流の茂みの下に消えた。すかさず消えたあたりにネットを振ると手応えあり。

a0126535_22535993.jpg


ムカシトンボ雌。
すっかり老熟して翅も淡い褐色に煙っている。手にした瞬間、違和感を感じたのだが、頭部を見てその
理由が分かった。複眼が黒ずんでいるのだ。

a0126535_22555816.jpg


左が今回の雌。右が別の日に採った雄。
ムカシトンボの複眼は通常は右の個体のように、何とも言えない銀白色なのだが、今回手にした雌は
上半分が黒い。
これは老熟由来ではなく、薄暗い場所で活動しているからではないか、と思うがどうだろうか。

周囲の環境の明るさで複眼の色が変わるのはカマキリやキリギリス類が有名だが、トンボではヤブヤン
マが顕著。ムカシトンボでもこのような色素の変化があるとすれば、面白い。

ムカシトンボとは長い付き合いになるが、こういう発見があるからやめられないのだ。
他の個体でも同じ変化があるのか調べてみたいが、果たして時間を取れるのだろうか、、、。







.






[PR]

by brunneus | 2018-05-14 23:04 | 東京 | Comments(0)
2018年 05月 11日

甲虫2種

久々に太陽が顔を出したので、仕事前の短時間、近場の池へ。

池の近くの草地にはハラビロトンボが群れている。

a0126535_22275899.jpg


時々池に飛び込んでくるのは、クロスジギンヤンマ。

a0126535_22292728.jpg


雌の産卵を少し待ってみたが、時間切れ。

そして帰り道、2種の甲虫に出会った。

a0126535_22304254.jpg

アオマダラタマムシ

a0126535_22311673.jpg

クロカタビロオサムシ

アオマダラタマムシは、初夏の里山で見られる美しいタマムシ。探そうとすると出会えないが、この日
は歩道の手すりに止まっていた。この虫とのいつも出会いはこんな感じ。
クロカタビロはこの場所では初めて確認。近い仲間のエゾカタビロに比べれば少し地味だが、他のオサ
ムシにはないカタビロ独特のいかついフォルムが魅力だ。池の周辺にはキアシドクガの幼虫が蛹化する
ために大量に這い回っていたので、それを目当てに出てきたのかもしれない。

短時間だったが、爽やかな空気を胸一杯に吸い込み、よい気分転換になった。







.




[PR]

by brunneus | 2018-05-11 22:43 | 東京 | Comments(0)
2018年 05月 04日

天気負け

今日は「所によりにわか雨」という予報だったが、空を見上げると爽やかに晴れている。こんな日に家
で燻るのは勿体ないので、長年通っているクラシカルなムカシトンボのポイントへ。
トンボを始めた頃は多くのトンボ屋で賑わっていた場所だが、今ではすっかり静まり返っている。ムカ
シトンボポイントのトレンドからは取り残されてしまったようだ。

川沿いの道では、あちこちでカワトンボたちが思い思いに日光浴している。

a0126535_23435489.jpg

a0126535_23443205.jpg


そしてこのチョウも。

a0126535_23451229.jpg


既に交尾済みのようだ。
この場所では数は少ないものの、毎年必ず見られる。

そしてポイントに到着したが、それを待っていたかのように尾根の上から雲が沸き出し、あたりが薄暗
くなってしまった。岸辺に佇むと、じっとしているのが耐えられないほどに寒い。
これでムカシトンボは望み薄になってしまった。

引き返すのも癪なので、しばらく待ってみる。

一時間経過。ふと気配を感じて下流を見ると、待望のシルエットが、、。

a0126535_23482257.jpg


ゆっくりと岸辺を探索しながら上流へ消えていった。
追加を待つが、ますます寒くなってきたので撤収。

ムカシトンボは天気負けすることがよくある。
平地で晴れていて、意気込んでポイント入りした途端に雲が湧き出て太陽を隠す。まさに今日はそのパ
ターンだった。

連休は残す所2日。
もう一度訪れることができるといいが、、。







.






[PR]

by brunneus | 2018-05-04 23:56 | 東京 | Comments(2)