トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 04日

帳消し

9月。ついにトンボのシーズンも終盤戦に入ってしまった。

8月末の悪い流れを変えるべく、多摩の谷津へマルタンを見に行く。
はるか南海の台風の影響か、森の木々は強風に揺れ、目まぐるしく変化する空からは時おり雨粒が落ち
てくる。ポイントまでは最寄り駅から徒歩40分の道のりだが、辛うじて天気は持ってくれた。

そしてポイント。有り難いことに雲の隙間から西日が射している。荷物を地面に置こうとした時、意識
が視界の隅にヤンマの影を捉えた。褐色の翅に引き締まった胴体。マルタン雄!

a0126535_22155279.jpg


この日はこの個体を皮切りに、ひっきりなしにマルタンヤンマの雄が池の上を飛び交う大当たりの状況
となった。秋にマルタン雄がこれほど飛ぶのを見たのは10年振りだ。

大盛況のまま終了するかに思えたが、よく見ると池の背後の草地の上をヤンマとは違う黒いトンボが徘
徊している。なんだろう。あたりは既にかなり暗く、視界は殆ど効かない。明るい草地の上に飛び出し
て来た所を目がけてあてずっぽうで竿を振ると、手応えがあった。ネットの中身を見ると、なんとエゾ
トンボの雄。どうやら今年も発生していたらしい。

エゾトンボのオマケもついて、もう思い残すことはない、と帰り支度をしていると、今度は池の岸辺を
黒いヤンマが旋回している。あたりは殆ど真っ暗だ。大きさはギンヤンマやミルンヤンマと同じだが、
飛び方が違う。なんとか正体を確かめるべく竿を構えてチャンスを伺うが、なにしろ暗いので、草間の
空を背景にした瞬間を待つしかない。
そしてチャンスは来た。ギンヤンマに絡まれて、飛ぶコースが変わった瞬間に振る。快音。ネットの中
を見ると、なんとマルタンヤンマの雄だった。
これほど暗い時間帯に雄が飛ぶのは初めて経験した。個体数が多い日ならではのことなのだろう。

この日の主役たち。
上左:マルタンヤンマ雄 同右:マルタンヤンマ雌 下:エゾトンボ雄
a0126535_22304068.jpg


久々の成果に、8月末の惨敗は文句無しの帳消しだ。
[PR]

by brunneus | 2013-09-04 22:32 | 東京 | Comments(1)
2013年 09月 02日

ギリギリセーフ

8月最後の貴重な二日間の休みを、両日共にふいにしてしまった。

一日目は、エゾゼミとシラフヒゲナガカミキリを狙って山梨の高原へ。しかし晴れの予報のはずが、
現地に着いた途端に急変し、空は厚い雲に覆われ、しまいには雨が降ってくる始末。静かな灰色の高原
の風景。エゾゼミはおろか、昆虫の姿自体が視界から消えてしまった。モミの新鮮な倒木を何本も発見
していただけに、非常に残念。
二日目は、オオルリボシヤンマの産地の新情報を元に、都内西部の山間部へ。地図で見る限りでは半信
半疑の環境だったが、情報を信じてはるばるバスに乗り、現地入り。散々歩き回るが、結局産地らしき
池は発見できずに、ふらふらと飛ぶミルンヤンマをひとつだけ採って、虚しく撤退。

最近はこんな感じで成果らしい成果がないので、少し前の採集行から。

8月第3週。
エゾトンボが終われば当然次はハネビロエゾ、ということで、確実な晴れを狙って栃木まで遠征。
毎度の長く苦しいアプローチだが、確実にハネビロエゾがいる、と分かっているので、気持ちは楽だ。
ポイントにはなんとか午前中のうちに到着。雄は前回よりも少ないが、むしろ雌を狙うには好都合、と
産卵ポイントの前に陣取り、待つ。
しかし、待てども雌は来ない。やはり昨年のような当たり年はそうそう無いか、、。と思いつつも、こ
こまで来て雌無しでは帰れない。

雄を眺めるのにも飽きて、このポイントに見切りをつけて第二ポイントへと歩き出した瞬間、目の前を
通過していった雄の先に、怪しい動きをする個体が!
雄より先に確保しなければ、一瞬で連れ去られてしまう。荷物を投げ捨て、全力で雄を追い越し、ネッ
トを水面に叩きつける。水中で輝く緑色の複眼。ギリギリセーフ、、。

その後は、前から目をつけていた林内の流れへと分け入る。クモの巣や倒木を潜りながら上流へと進む
と、そこには木漏れ日が差す理想的な環境があった。ふと足元を横切る影に頭上を見上げると、雄が悠
々と旋回していた。

a0126535_1152231.jpg


このポイントは、しっかりと張り込めばなかなか面白いかもしれない。

手にした雌は翅が煙り、老熟の域に達している。

ハネビロエゾトンボ雌:体長64mm
a0126535_1174224.jpg


このトンボは9月中旬頃まで見られるので、まだもう少しは楽しめるだろう。


さて、そろそろマダラヤンマ。今年はどういう作戦でいこうか、、。
[PR]

by brunneus | 2013-09-02 01:20 | 栃木 | Comments(0)