トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 31日

春を待つ

2017年の春は、個人的には近年稀に見る低調ぶりだった。
こんなはずでは、、とうなだれる毎日だったが、南方遠征あたりから徐々に復調。夏以降は概ねイメー
ジ通りのフィールドワークだった。

a0126535_23374330.jpg


手にして嬉しかったものを集めてみたが、初採集、初撮影のトンボもいくつか。

さて、2018年のシーズンは今まで通りの活動が果たしてできるのだろうか。そして新しい出会い、発
見はあるのだろうか。

早くも頭の中に飛び交うトンボを追いかけつつ、春を待つ。





.

[PR]

by brunneus | 2017-12-31 23:41 | つぶやき | Comments(0)
2017年 12月 07日

ガの魅力

夏に山梨の無人駅で拾ったもの。

a0126535_23303033.jpg
おそらくタケカレハ雄と思われる。
たまたま静止姿勢のまま死亡していたので、そのまま乾燥させ標本に。

ガという昆虫は、実に魅力的なグループだと思う。
まずはその種類の多さ。他の昆虫に比べて愛好家の絶対数が少ないのであまり研究が進まず、未知の種
が多く存在すると言われている。普段生活している世界に、未知のガが飛んでいると思うと楽しい気分
になってくる。
そして昼間に活動するチョウと比べて、姿形のバリエーションが多彩なのも特徴だ。中には体長が数ミ
リのグループもあり、身体の構造が同じはずのチョウにはこのような超小型種がいないのも不思議。

静止する姿が様々なことも、ガの魅力のひとつ。画像のタケカレハも、静止している姿は一般的なガの
イメージからはかけ離れている。生時の静止姿勢こそ、ガの最大の魅力だと思うのだが、静止姿勢をメ
インに扱った図鑑が少ないのが残念だ。

一説によると、夜行性のガの中から昼間に活動するチョウが分化した、といわれているが、なるほど、
そのバリエーションの豊かさからすると、チョウは「昼間に活動するガの一群」と考えたほうがしっく
りくる。

ガの深遠な世界にはまってしまうと戻れなくなりそうなので(食草との関係を憶えるのも大変)二の足
を踏んでいるが、好きなガとの出会いは常に期待している。

来年も良い出会いを夢見つつ、タケカレハの標本を眺める毎日。





.






[PR]

by brunneus | 2017-12-07 23:56 | つぶやき | Comments(0)