トンボの日々

brunneus.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 21日

存命

数日前から一橋大学からはウグイスの拙い囀りが聴こえている。高知ではタベサナエ、シオヤトンボが
続々と羽化しているようだ。

そして机の上。

a0126535_22515204.jpg


昨年11月中旬に採集したヒメカマキリが、未だ存命。
既に卵は7つほど産んでいる。附節は欠け、中脚片方が抜け落ちても、食欲は旺盛。
日に日に春が深まるなかで、昨シーズンの非越冬性の昆虫が動いているのを見ると、なんだか不思議な
気持ちになる。

このまま平成時代を全うして、新元号まで生き抜いて欲しいものだ。




.

# by brunneus | 2019-03-21 22:56 | 東京 | Comments(0)
2019年 03月 15日

エンターテインメント

少し前のこと。
昨年見逃した、ある迷鳥の情報を偶然キャッチした。仕事がある日だったが、予報によると晴れはこの
日のみで、チャンスは他にない。現地に滞在できる時間が少なく、無事に出会えるかどうか不安だった
が、勢いに任せて朝のラッシュで混み合う電車に飛び乗った。
そして現地に到着。何しろ見たこともない鳥なので、どこにどんなふうにいるのかも分からない。しか
し彷徨うこと5分。すぐに居場所を発見できた。
発見したのは鳥ではなく、大砲レンズを持った人々の群れだ。人々の視線の先を覗くと、あっけなくそ
の姿が目に飛び込んできた。

a0126535_23230423.jpg

オジロビタキ。
さぞかしすばしこいのかと思いきや、枝の上で堂々とポーズを取り静止。じゅうぶんに撮影した頃を見
計らって、また移動。

a0126535_23254904.jpg

a0126535_23275158.jpg


さらには目の前に止まってカメラ目線。

a0126535_23282712.jpg

オジロビタキの一挙手一投足に大砲カメラマンがどよめく。
こちら側の欲求を熟知したようなオジロビタキの振る舞いと、その一挙手一投足にどよめく大砲カメラ
マンの群衆。鳥見と言うより、何かのエンターテインメントなイベントに参加している錯覚に襲われた。
「オジロビタキ」とここで記したが、「ニシオジロビタキ」という近似種もいて、素人には見分け方が
分からない。ウェブでも「オジロ」「ニシオジロ」両方の記載があるので、ここではとりあえず「オジ
ロビタキ」としておこう。

日本列島はオジロビタキ類の本来の分布、渡りのルートから遠く離れているようで、国内では迷鳥とさ
れている。しかしここ数年、毎年のように少数が飛来しているらしく、昨年も関東で撮影されたものを
見た。残念ながらその時は場所を特定する前に抜けてしまったのだった。今年は当たり年らしく、都内
ではこの場所以外に3か所で発見されているようだ。

迷鳥との出会いは運次第。情報は少なくとも、行かない限り出会えない。「とりあえず行ってみる」こ
との大切さを実感した日だった。






.





# by brunneus | 2019-03-15 23:46 | 東京 | Comments(0)
2019年 03月 02日

久々

久々にまとまった雨が降った翌日。仕事前ではあるが、晴れの予報に期待して、鳥で有名な公園へ。
しかし現地へ着くと予報に反して曇り空。薄暗い風景の中での探索となった。
暗がりの池に目をやると、カルガモ、オオバンの群れに混じって見慣れないカモの姿。ファインダーを
覗いてみると、そこにいたのは久しぶりに見るオカヨシガモのペア。

a0126535_00025881.jpg


鳥影の濃いエリアを求めて歩き回ると、視界の隅を横切る大きめの鳥のシルエット。

a0126535_00060285.jpg


アオゲラ雌。
シャッターを押した瞬間、林の奥へ、、。

そして薮の中から「グッグッ」という声が聞こえたので臨戦態勢。息を殺して暗がりを凝視すると、、

a0126535_00082825.jpg

a0126535_00125263.jpg


ようやく発見したルリビタキ雄。まだ羽色がくすんでいるので、若さを残した雄のようだ。
じっくり腰を据えて狙おう、、と思ったが、曇天で光量不足なのに加え、雄が茂みから出て来ないので、
決定的なシーンはものにできず、時間切れ。ルリビタキに関しては消化不良に終わった。

帰り際。
ようやく日差しが出ると、その中に輝く小鳥が。

a0126535_00162894.jpg


人慣れしているのか、至近距離で微動だにしないカワセミ雄。
カワセミは、あちこちで見かけるのだが警戒心が強く、なかなか近付けないのでじっくりとその美しさ
を味わうことができない。ここぞとばかりに陽光に輝く姿を目に焼き付けた。

そして帰り道。
JRの駅に入ろうとしたところで、頭上から聞き慣れない鋭い鳴き声を聞いた。経験的にただ事ではない
と直感、リュックからカメラを取り出して声の主を確認すると仰天。

a0126535_00290805.jpg

a0126535_00294475.jpg


そこにいたのはなんと、チョウゲンボウだった。
ここは23区内、通勤や帰宅、買い物の人々でごったがえす駅前繁華街だ。しかもチョウゲンボウは二
羽いて、どうやら近くの通気口のダクトを営巣場所に選んでいるようだ。
チョウゲンボウは開けた河川敷で見ることが多い猛禽だが、まさかこんな場所で出会うとは夢にも思わ
なかった。これは定期的に通って観察する必要がありそうだ。

最近の鳥見はぱっとしない成果だったが、久々に胸が高鳴る体験ができて、満足!






.



# by brunneus | 2019-03-02 00:37 | 東京 | Comments(0)
2019年 02月 18日

青色型?

ハードディスク内の整理をしていたら出てきた画像。

a0126535_23520756.jpg


昨年の初秋に山梨で得たルリボシヤンマ雌だが、腹部の付け根がほんのり青味を帯びている。青色型雌
がよく出るマダラヤンマ、オオルリボシヤンマと比べ、ルリボシヤンマは極端に青色型が少ないと思う。
トンボを始めて以来、関東甲信では一度もお目にかかったことがない。画像の雌も、青味部分はあるが、
全体で見れば間違いなく通常型の範疇だろう。
図鑑やウェブの写真でもルリボシヤンマの青色型の写真はあまり見かけないので、全国的に見ても、そ
れほど出現率が低いのかもしれない。
ルリボシの青色型に出会うには、なんとなく東北や北海道の方がいいのかも、と思っているが、実際は
どうなのだろうか。
このヤンマが乱舞する北海道の湿原で、一日中青い雌を探してみたい。






.



# by brunneus | 2019-02-18 00:12 | つぶやき | Comments(0)
2019年 02月 14日

鳥枯れ

a0126535_00295499.jpg

a0126535_00303366.jpg


今シーズンの関東は、鳥枯れと言われている。
仕事の合間を縫って近場へ繰り出しているが、確かに鳥の気配が薄い。常連は相変わらず賑やかなのだ
が、いわゆる冬鳥の出が悪いのだ。昨年良い出会いがあった記憶を元にその場所を訪れても出会いはな
し。なんというか、森の中が殺風景なのだ。

中でも少なく感じるのは、ツグミ。
ここ一週間ほどでようやく姿が見られるようになったが、まだまだ昨年の数には遠く及ばない。普段な
ら、ちょっとした草地や河川敷やグラウンドには必ず姿が見られるものだが、今年は見かけることが殆
どない。
こういう現象を目にすると、つい「異常気象」「温暖化」という言葉が浮かんでしまうが、ツグミの渡
来数の多少は過去にもよくある現象らしいので、自然の大きなうねりの中の一部を見ている、というこ
となのだろう。

残り少ない冬鳥のシーズン。せめて昨年楽しませてもらった青い鳥くらいはお目にかかりたいものだ。





.

# by brunneus | 2019-02-14 00:48 | 東京 | Comments(0)